121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

「集める心」について

我が家に預かり子猫がいなくて時間的に余裕がある今のうちに、気にかかっていながら時間がかかりそうだから棚上げにしていたことを書いてみたいと思う。

昨年、手にした日本心理学会の学会誌「心理学ワールド66」の特集が「集める心」で、四つの論文が掲載されているのだけれど、そのうちの一つ、

ホーディングの心理的メカニズムと援助
五十嵐透子 上越教育大学大学院学校教育研究科臨床心理学コース教授


を読み解きながらまとめていきたい。
当然、今、保護猫の現場で問題になっている多頭飼育崩壊にも及んで考えていきたい。

まずは特集巻頭の序文まとめから。
物を集める、これはとても身近な行動です。~人が収集活動に時間とお金を費やすことには経済上の意味があるほか、コレクターどうしでコミュニティやネットワークが築かれ交流が盛んなところをみると、社会的な意味もあると考えられます。また資料の収集活動が、博物学や考古学など学問の発展を築いてきた歴史もあります。このように「集める」ことが私たちの生活を豊かにしてきた一方、現代では、ゴミ屋敷現象として知られるホーディング(強迫的ため込み症)や、ソーシャルゲームの流行で浮上したコンプ・ガチャ問題など、「集める」ことへの過度の熱中が問題視されている現実があります。(時津裕子)
このホーディング(強迫的ため込み症)の対象が猫になる場合が、まんま多頭飼育崩壊のケースであると思う。
これから先まとめていくけれど、もうその心理は病理であり昨今では新しく診断基準を設けられ対応に迫られている現況がある。
(ここから先引用は上記論文から)
「排泄物を流すと、汚染が周囲に拡大するから」と、何か月も排泄後に流さない人、「きれいにして売る」と、ごみ収集所からモノを持ち帰り、修理も再利用もしないままに部屋に積み上げている人、「大切な情報が書かれているから読まないと処分しない」と、何年分もの新聞や雑誌を保管している人等、~保存し続け処分しない行動に関連する考えも、それぞれ独自の内容がきかれる。
こういったためこみ度が過ぎた状況の人を
モノを自宅内外にためこみ続け(hoarding)、積み重ねて部屋中モノで溢れ返っている乱雑な状態(clutter)は、「ゴミ屋敷」として報道されている。
わけなのだが、
DSM-5では不安症(不安障害)群ではなく、強迫症および関連症群の一つとして「ためこみ症」(hoarding disorder)と独自の診断基準が確立した(APA,2013)。米国での有病率は1.5~5.3パーセント
(DSM-5とはアメリカ精神医学会が出版している精神障害の診断と統計マニュアルの書籍のこと)
フロム(Fromm,1949/谷口・早坂訳,1972)は、モノを集め保存し自分の周囲に城壁を築き、重要な他者ではなく所有物へのアタッチメントにより安心感を得る「ためこみ志向」を非生産的なパーソナリティの一つに位置付けている。
筆者はためこみ症に関連する5要因を挙げていて
一つ目の「個別および家族の脆弱性」には、遺伝的・生物的要因、社交不安症や神経発達障害等の併存、育成過程における親の価値観や行動およびトラウマティックな出来事等が含まれる。
補足すると、男性のほうが女性より遺伝的影響が高いらしく、また、ホーディングの症状は他の障害、統合失調症や認知症、強迫性障害、パーソナリティ障害などにもみられるとのこと、対人関係のストレスフルな出来事や、被虐待や喪失等のトラウマティックな体験が発症の引き金になったり憎悪化に影響を与えたりしていること、また、家庭環境で過度に片づけられていたり逆に乱雑な状態であったり、希望するモノを購入してもらえなかった体験等も、ためこみ症の要因として書かれていました。
二つ目の「情報処理プロセスの問題」は、モノの整理や分類への集中や意思決定の困難さ、視覚的サインなしでの想起のしにくさ等が含まれる。
これは多分、大脳生理学的な機能的資質の困難さや異質さに原因があるのだろうと思う。
三つ目の「所有物に対する意味づけや考え、信念、愛着」と深く関連していることも考えられる。
モノに感傷的な意味づけをしていたり、モノを擬人化し自分の一部として同一視している、完璧主義やミスをすることへの過度の心配や安心感を提供してくれる唯一の対象として考える等もこの要因が表す特徴に含まれる。
補足すると、慢性的経過の傾向がみられるそうで、お金の自由、住居空間の自由が高まる未婚の人が多く孤立しやすいとのこと、同居の場合は、捨てることや片づけをめぐる口論から非機能的な関係になりやすいとのこと。
四つ目「感情的反応」と五つ目「学習プロセス」は、モノに対する特定の考えや信念に情動反応が条件付けされ、保存行為にポジティブ感情が伴うことで強化され、処分や意思決定に伴うネガティブ感情を回避する状態であると考えられている。
これらの要因で条件付け、強化されてしまった「ためこみ症」の状況にある人への周囲の対応は容易ではない。
このような状態への対応は、クライエントの思いに添った援助であるサイコセラピーの原則が不可欠であることはいうまでもない。~行政・法的圧力による一掃も、クライエントの同意なく行われると、ネガティブ感情と不信感が高まり憎悪化しやすい。引っ越す場合もあるが、使用していないモノを処分し、入手や整理行動の改善が伴わなければ、置かれている場所が移動するだけで、新しい住居もそれまでと同じ状態になってしまう。
この現状、現場にあるのが猫ボラが遭遇する多頭飼育崩壊のケースだと思う。
で、こんな大変な人の前にあっても猫たちを助けたいと考えると、どうやって本人を説得、共に協力して解決していけるのか?という困難にぶち当たる。
ためこみ症に対する主要な対応(表2)では、「整理」「処分」「入手」の3領域で、これまでと異なる新しい行動の習得と習慣化が段階的に行われる(stepped care)。
①状態の適切な理解
主体的な受診でも、併存疾患や外的圧力からでも適切な状態理解は容易ではない。~ためこみ症に関するインタビューや9枚の写真で重症度を測定するクラッター・イメージ、同居家族反応等、9種類の尺度が開発されており、改善の評価にも用いられる。

まずはためこみ症の現状と平常との差がどれだけあるのかを把握する努力から始めるということだと思う。
多頭飼育崩壊のケースで具体的に考えるのならば、住居の広さから何匹の飼育が適切なのか、経済状況から飼育できる頭数は何匹なのか等を理解していくことだろうか?
②認知面の変容と直面化・エクスポージャー
対象となるモノが「必要か」vs「欲しいか」や「使うか」などの問いかけに、「不必要」や「使わない」の返答は得られにくい。~これらを考えることが、自分のからだの一部をもぎ取られるような体験や、安全感が損なわれるような強い不安を抱くのであれば、否認や抑圧、合理化等もみられる。

~「所有物を無駄にしてはいけない」「これがないと、思い出せない」「いつかは使える」~「誰にも迷惑をかけていない」「あと少しすれば、片づけられる」「独りでやれる」
こういった歪んだ価値観や考え、さまざまな感情と
これまでに黙って捨てられたり、クレジットカードを取り上げられたりと、多くのネガティブ体験をしており、セラピストに対しても強い警戒心を抱いていることも少なくない。
結果、その人なりの自己防衛をしているのだということを理解して
整理や処分場面に直面し不安や緊張が時間的経過のなかで軽減し、怖れていることは起きない新しい状態に慣れていく援助が求められる。
~実際に仕分ける、整理する、過度に入手しない、処分する等の行動に直面し習慣化が求められる。~これらに深く関与しているのが、その人がどのくらいこの状態に直面し改善に取り組むかの動機づけである。ミラーら(Miller&Rollnick,2002/松島ほか訳,2007)の動機づけインタビューが効果的とされ、開始時だけでなく、その後の取り組みの継続にも重要な働きかけになる。
参考として、Wikipediaでの「動機づけ面接」を引いておく。
動機づけ面接
③協力者やチームでの対応
ためこみ症の改善は、クライエント独りでは容易ではない。~家族や友人からの協力も容易には得られにくい。しかし、一掃するためにもきれいになった後の状態維持にも彼らはなくてはならない存在で、ためこみ症の適切な理解と対応に関する心理教育が求められる。加えて、一掃には掃除関係の専門会社やボランティア等の第三者の協力も不可欠である。

④状態の維持と再発予防
~状態維持のためには、毎日の取り組みを「課題」としてではなく、食事のように生活の一部として習慣化することが求められる。

ためこみ症現状の適切な理解を共感を基にすすめながら、特有な思い込みや行動に対して矛盾や抵抗をうまく導き、意識の変容を促して、有効な動機づけでモチベーションの維持をしていこうという解決への道筋だが、このような認知行動療法的アプローチは実際のところ、比較するならオバサンのダイエットの域では遥かに及ばないくらい毎日のコツコツとした努力の継続がその成功の鍵を握る。普通に考えても素人が援助の手を出せる世界ではない。
それを誰が見守り支えていくのか?正直、ボランティアが可能な話ではない。家族であってもその援助は相当困難を極めるだろう。
そもそも孤立した未婚の人が慢性的経過をたどりやすいとのことなのに、その人を支える重要な家族の存在が果たして得られるのだろうか?矛盾であることを否めない。
さらに、モノのためこみ症と違って多頭飼育崩壊のケースでは対象が命であるので、解決手段として処分も整理もそぐわない。このことは状況や環境の改善が著しく困難であるということを意味している。
では、どうしたら実際に多頭飼育崩壊に対する周囲の援助が可能なのか?
正直、どうにも建設的な解答がないのが現状だと思う。
現時点で、ためこみ症に対する理解や共感という問題解決の入り口でさえ周囲の人にとってはハードルが高い。クライエントと信頼関係を築き自己防衛を解いてもらう作業に至っては途轍もなく困難であろう。
では、この多頭飼育崩壊というパンドラの箱の底にあるものは何だろうか?
私が拙く考えることは、「愛情の有無」ではないか、と思う。
もしもクライエントに、多頭飼育の猫に対してモノ感覚ではなく愛情のかけらが存在しているのならば、その感情が一抹の突破口になる可能性が秘められてはいないだろうか?もし「かわいそうだ」という気持ちが多頭飼育の行動の最初の動機ならば、多頭飼育の現状もまた「かわいそうだ」と認識出来て、「かわいそうではない」状況に改め変容していくことも可能なのではないか?
なので、残酷ではあるが、反面「どうせ死ぬ」「そのうちいなくなる」など猫の個別の存在に名前も痛みも持たないモノ状況にある人ならば、その希望はないともいえる。
現実として、セラピストであっても介入に無力のケースは山ほどある。つらい現実ではあるが。

最後に自戒を込めて書きたいと思う。
ほんの一部ではあるのだろうが、保護猫のボランティアの活動にもためこみ症的状況が発生していることは周知の事実である。私たちもまた保護にあたって、適切な飼育状況、住居の広さと経済的状況から何匹まで健全に可能なのかを現実的に常に検討していなくてはならない。
現在の、公的な支援制度が整っていない、ほぼボランティア丸投げの厳しい保護猫の活動において、個々の猫の幸せに対して出来ることは何なのか?また出来ないと判断する稜線はどこなのか?踏み外せばアニマルホーダーと同じ存在であることに思い及んで活動することが求められていると思う。
助けられる猫と助けられない猫がいる、これもつらい現実ではあるが、幸せをつかむ猫と人との暮らしも確実に、この保護猫の活動によって拡大をしている。
適切なポジティブとネガティブ両面を持ち、勇気をもって現実を渡って行こう。


DSC_0284.jpg
※写真は内容と関連するものではありません(笑)

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

2017年、今年が始まりました。

震災の春に生まれた我が家の飼い猫、ももとひなは今、五才。
我が家はずっと社宅暮らしでペット不可だったので、当時中学生だった娘は、八王子に越したのを機会に「猫、猫、猫、猫」言っていて、で、巡り会ったのが動物病院の壁に張り出されたポスターの掲示主、てんてんさんでした。
それ以降、我が家は「猫」の存在で回されている・・・といってもいいくらい、毎日毎日、猫の話題に尽きることなし~。
ももちゃんのホントの名前は百呼(ももこ)で、「一日百回も家族に名前を呼ばれるくらい大切な存在に」と思って命名したのだけれど、言霊というか、確実に一日百回はカウントされている気がします~(笑)。

そんな保護猫のももを我が家に迎えたことから始まった、我が家の保護猫活動?!
というか、最初は里親になるだけの話でございました。
その後、もう一匹保護猫のひなたを家族に加えていたので、家猫は二匹で十分。デスヨネ・・・。

それが・・・・

それが、急展開したのは反抗期真っ盛りの件の娘が、勝手に野良猫仔猫を保護してきたのが運のつき・・・だったのでした。
えーーー、皆様、保護猫活動は突然に!ですのでお気を付けあそばせ(笑)。

その猫を病院に連れて行き、ウイルスチェック、検便などの初期医療、そして家猫修行、里親探し、と、まるまる、はちねこに保護猫の相談にくる方々と同じ過程を経て、無事、素敵な里親さんに譲渡することが出来、めでたしめでたしで終了するハズなのでした・・・。
それがなんでかねぇ~。
・・・・あああ、思い出した・・・・。
その猫さんを譲渡して、その晩遅くに、虚脱した精神状態で開いたてんてんさんのブログで「乳飲み子の預かりを誰かしてくれませんか」って読んでしまい、それで「やります」ってメールしてしまって今に至るのね~(笑)。
ま、ワタシの愚かはともかくとして・・・




皆さん!里親の皆さん!自分はちょっと出来そうにないので・・・、と思っていらっしゃるのでしょうが
保護猫活動、誰にでも出来ます!(断言)
もちろん、やり方は色々ではあるけれど、せっかくあなたのおウチに保護猫が迎えられて、その命の存在に人間の家族が癒されているのなら、感謝の気持ちをちょこっとカタチに行動してみましょうよ!2017!
むろん、急に「スタッフに」とは言いません(笑)。
まずは、広く社会の人に「保護猫」の存在、譲渡会から猫を貰い受ける選択があることを、身近な人からお伝え下さいな!
そんな初めの一歩から、はちねこサポーターは始まります~。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

1483281038545.jpg
我が家の愛のすべてを回す猫のみにゃにゃん、ももこ、ひなた

20170101215650055ももちゃん
猫風邪でお眼目ぐしぐしだったのを世話していただき、ももちゃんの今があります

201701012311309d0.jpg
レントゲン撮ってもらって、股関節脱臼を発見、治療してもらったから、ひなたの今があります




今年も春になれば、お世話が大変な乳幼児たちがどうしても保護されるだろう、と思います。
たくさんの医療費もかかるし、たくさんの手もかかります。
その大変なシーズン到来までに、成猫さんの保護猫たちの終の棲家も見つけてあげたい。

どうか、出来る範囲でのお手伝いをしていただけると嬉しいのです、よろしくお願いいたします。
どうぞ、2017今年もよろしくお願いいたします~。
ちょっと、新年のあいさつには強引な(笑)、モノの書き方をしてしまいましたが~、お許し下さいっ!(小声、実はウチのこかわいいのよ自慢)

正式譲渡です!

クリスマスの晩に、ありんちゅーの正式譲渡をいたしました~。
新しいお名前は、「もう、ありんちゅーで慣れちゃったんで、ありんちゅー」だそうです。
スミマセン、もうちょっと真面目な名前を最初からつけとくべきでしたか・・・(汗)、も、申し訳ない・・・。
でも、そういう細かいことは気にしない非常におおらかなご家庭の皆様でした。
本当に、ご家族のこの、おおらかさゆえに、ありんちゅーを迎え入れていただけたのだと思います。




これまでに、ありんちゅーご希望の話があった際には、必ず、ありんちゅーがどんな経過をくぐり抜け今があるか、そしてこの先、まだ何があるかは誰にも何もわからない、ということをお話ししてきました。
そして健やかな未来のために、今している医療的な努力を継続していただきたい旨をお話ししてきました。
私は、その猫さんの固有な状況を伝えないで話を進めるのは不誠実と感じていますし、ただ、伝えたのならばだいたい、大概の人はここでご希望の話を撤回してくるのが普通です。
その気持ちはごく普通だと思います。

それが普通だと思うのに、今回、このご家庭の御嬢さんは、ありんちゅーのことを「眼力がいいから大丈夫」と、その存在を最初から信じ切ってくださいました。

そんなことあり得るのだろうか?、もしかしたら何にもありんちゅーが抱えている情報をご存じなくて、ただただホームページ掲載写真を見て、かわいい黒猫を選んじゃっただけなんじゃないか?と、私はいくらか疑心暗鬼で不安にもなりました・・・(汗)。
そういう気持ちに追いやられるほど、ちょうど疲労もしていたのです・・・。

そんな私のプチパニックを側めに、話はどんどん進んで近々に、ご家族は皆さんでありんちゅーお見合いにいらっしゃいました!

ありんちゅーを気に入ってくれている御嬢さん、そしてその思いを抗うことなく受け止め、きちんと補足的なサポートを考えてくださっているご両親でした。
お会いしてみて、私は何の懸念を持ちませんでした。
そして「冬休みに入っているから」と、早々のトライアルが決定し、この日の夕方にはお届けすることとなりました。
「ありんちゅーをよろしくお願いいたします」と言葉にすると、私の胸には沸々と熱い熱い感謝の激流が湧き、心が暴走して、ホントは大声出して泣きたい気分にもなりました~。



一週間のトライアルを終えたありんちゅーはとっても元気でした。
「体重を増やしていけるように」との私の願いを、ご家族は、大盛りごはんできっちりお守りくださったらしく(笑)、何だか一回りも大きくなっているようでした~。
お家の中を自由に駆けずり回っているありんちゅーがリビングテーブルに上ったときのことです。(えーー、テーブルに上がっていいのかどうかは確認済み、汗)
天板をふんふんと嗅いだ後、ありんちゅーはぽんっとテーブルの高みから床に飛び降りました。その床には二枚のクッションが敷かれていて、その上にぽんっと着地したのです。
何でフローリングの床に?と思った直置きのクッションは、実は、障害のあるありんちゅーの足に着地の衝撃を和らげるため置かれたものだとわかりました。
しかも、二枚縦に並べて、です。勢いがついて前のめりの次の一歩のためにも、二枚を縦に置いてくれているのだと思いました。







私の譲渡に関する「条件」が厳し過ぎる、思い入れが重すぎると判断されることがあります。
そうかもしれません。
ただ、言い訳として言うのなら、自分としてはそれは「条件」ではなく「努力」と思っていますし
障害があるこだから無理難題の配慮をいっているのではなく、障害があることを理解して愛してほしいだけです。
それらを、言葉ではなく具現化することは、誰にとっても簡単なことではないのだろうと思います。
私にとっても例外ではなく、いつもありったけの勇気を振り絞って、かつ試されてきたことだと感じています。
これからもことあるごとに悩むのでしょうし、障害とはそれを浮かび上がらせるファクターなのだと思います。






二枚のクッションは障害を理解しての愛情だと感じられました。
こういうご家庭にありんちゅーは縁付くことが出来ました。
何も言うことはないのです。
ありがとう。
大好きな大好きなありんちゅー、ずっとずっとずっと幸せにね。


1482674731154.jpg

ありんちゅートライアル開始!

本日、ありんちゅートライアルに行きました。
我が家から丘を降りたところの隣町です。近所です。
10か月の女の子にゃんこさんがいますので、ゆっくりゆっくりお友達になれるようお願いしてきました。
うまく仲良くなれますように~。
がんばれがんばれ、ありんちゅー。
きゅっと、お手手にしあわせ、つかむんだよ。

1482060376569.jpg

たまたまや、ああたまたまや、たまたまや

年の瀬ですね・・・。
もちろん何も準備しておりませんよ~(汗)。
ここ数年はバッタバタの年末年始、帰省がないので何とかなっていますが。


今年は、我が家にとって春の息子の進学問題と、この冬の娘の受験と、「自分の人生の大きな選択」に迷うコドモに伴走することはやっぱり大変でした。(まだ、娘真っ最中)
そういう訳で、家族みんなの高ストレス緩和剤としての猫は大活躍でした。
朝、起きてきた人から順に、リビングに集まってる猫たちをなでたりモフったり~。
帰宅すれば、猫を探してまた、なでたりモフったり~。
就寝時には、自分の布団に入れるために、猫泥棒が部屋から部屋へと忍んできたりも~(笑)。
冬のにゃんこは、心を温める暖房ですね。



本日、先の検診から一か月が経過していたので、状況を見てもらいに、ありんちゅーを病院にお連れしました。
院長先生に触診していただいたところ、足の付け根にたまたまが存在していることが確認出来ました!!
そういう訳で、大がかりな開腹手術ではなく、普通の去勢手術が可能とのことです!!
このまま肥育を続行して一歳ごろを目安に手術を考えていきます。
ああああああ、本当に良かった~。

1481461903836.jpg

体重も、先月より順調に増えていました。
我が家から里親に出たこの飼い主さんから、「ありんちゅーに」と栄養価の高い缶詰の寄付が届きます。
はちねこからも、質の良い仔猫用カリカリをたくさんもらってきています。
皆様、本当にありがとう~。
何だかもう、胸いっぱい、嬉しいんです~。

1481461930084.jpg

ここのところ、はちねこの保護猫には悲しいことが続きました。
冬は本当に過酷で、容赦なく弱いものを連れ去っていきます・・・。
お世話のスタッフの無念さ、それを感情に出して表現する時間すらないくらい、次々お世話しなくてはならないこは続くのです。
私もこの活動をする前は、今ほど気候を痛切には感じませんでした。
今は、大雨も日照りも、雪も、胸が痛い。
どうか、野良さんたちが命潰えることがありませんように・・・と思うのです。

1481461873982.jpg

来年はもっともっと世の中に
「野良猫を減らしていこうよ」と思い、活動を始めてくださる仲間が増えてくれることを願っています。

プロフィール

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR