0612345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2014年06月

始まりました

日曜日、ぬんぬん、るーをくん、わっかちゃん、よっちゃんの四匹は無事、青梅に戻っていきました。
どうか、みんな元気に大きくなって、素敵な里親さんのお家に迎えられますように。

よんひき

何だかぼんやりと寂しいのですが、そんな感傷を受け入れているわけにはいかないのがはちねこスタッフの定めです。
だって、次のこにゃんこのお世話が待っているんですもの(笑)。
青梅のこにゃんこ達の今後の成長の様子は青梅にゃんにゃん・サークル「WISH」でご覧下さいね。


さてさて、日曜日に入れ替わりで我が家に到着したのは、めじろちゃん。
通称、めいちゃんでございます。

つめとぎ

バイク大

とっても元気なおんなのこ。
くるりんしっぽがチャームポイント。
おもちゃでも良く遊ぶし、ももやひなにも「あそんであそんで」と飛びかかっていきます。

ひなとめい

ひなたも、お顔に小さな小さなネコパンチがぺちぺち来ても、怒らずに相手してあげてます。
えらいぞ、ぴな助。
そういう訳で、新しい預かりこにゃんことの時間がスタートしました~。
スポンサーサイト

これで詰めかしら

こんなんで

348232

テストは続くよ

どーこまでも~

330220

まだまだテスト

続行中

5%
6&
7%
8&
9%


テスト

まだまだ試行錯誤中

るーをくん
よっちゃん

試行錯誤

とりあえず写真を小さくして貼ってみる
どうでしょうか・・・・

ぬんぬん、もも


るーくん、よっちゃん、もも

写真貼り付けチャレンジ

急ではありますが、なんとこにゃんこ達をお預かりするのは日曜日までとなりました。
なにせ、子猫保護がひっきりなしのはちねこ・・・。
まだまだ離乳が終了していない今の時点でお返しするのは心残りではあるのだけれど
背に腹は変えられず。

だいたい、青梅の預かりの前に預かっていたセンター引き出しの子達だって
「ん~、ももひなかーさんとこの子達は何百グラムかしら・・・、そろそろワクチン打てる?」
と、代表から電話が。
これより、代表てんてんさんの声無き声↓
(ワクチン打てそうなら、お届け早められる?次に保護したい子達をそちらに移したいんだけどさ~)
声無き声を受け、センター引き出しの子達は、即日ワクチン接種で週末に急遽お届け。

という次第で、また電話。
「ももひなかーさんとこの子達、様子どう?」
(離乳した?もう、青梅にお返し出来るかしら?次の子達そちらに移したいんだけどさ~)
はいはい、背に腹は変えられず。
そういう訳で、お返し前に写真をなんとか貼らねば~と、私、奮起いたしました。

我が家にやってきた
我が家に到着。おちっこくちゃいもぞもぞした何か(笑)でした。

哺乳瓶が大きい
お口がちっさすぎて乳首をくわえることが難しい・・・
こんなんで育てられるんだろうか・・・

集合
成せば成す!よくぞここまで育ったよ~
こちらを向いているのが、四番目の仔、よっちゃん

るーをくん、わっかちゃん
手前、るーをくん、後ろ、わっかちゃん

ももに羽交い絞め、ぬんぬん
ももちゃんもがんばった。ぬんぬんはぺろぺろされているうちに寝ちゃいました。

とりあえず、ダイジェスト。
これで、少しは青梅の子達が我が家にいたことを記録出来たかな~。

一足先に

負けられない戦いには敗れました。
こにゃんこ達、離乳食食べてくれません・・・。
AD缶が嫌いなタイプのこもいるので、子猫パウチもあげてみましたが、まるでダメ。
とりあえず、六つもあるお口に、食べるなとか食べてとかコントロールするのは到底無理なので、一時諦めることとしました。
嫌って言うほど飽きるほど、ミルクを飲んでいただきましょう~。
ミルクは哺乳瓶の目盛いっぱいいっぱい。
普通には作れないので、お湯を量った後、マグカップに移して、空にした哺乳瓶に粉を入れてからお湯を戻して溶きます。
まぁ、五週に入れば食べ始めるかしらね・・・。


離乳食は渋っているけれど、それでもあと預かり期間がわずかであることは確かです。
かわいいこにゃんこ達との別れが寂しくないわけありません。
でもね、何回か別れを繰り返してきたら、少し自分の気持ちをコントロールする方法を見出しました。
それは、こんな話を思い出し、嚙みしめること・・・。

芸術療法のスクーリングに出席していたとき、先生が講義の中で話してくれた話です。
「心理士の仕事とは、トイレットペーパーみたいなものです。汚いものを拭って、ジャーと流されて、きれいさっぱり忘れられてしまうのがいい仕事です。ちょっとはかないですねぇ。でも、忘れ去ってもらえない心理士は悪い介入をしている証拠です。皆さん、諦めてジャーっと流されてください。」


どうか、こにゃんこ達が、素敵な里親さんとお家を見つけて幸せな家猫生活をおくれますように。
小さな小さな背中を撫でていると、じわりと熱いものがこみ上げてくるけれど
それが私の喜びです。

食べろ~食べるな~

昨日まで哺乳瓶満タンで、じゅーじゅー飲んでいたミルクを、本日は半分しか飲まない。
それが二回続いたので、これはどうやら離乳食開始かしら・・・と思っていたところ、
青梅の六匹のうちの二匹の預かりさんのところにミルク缶を届けに行ったちびままさん情報でも、
やはりそろそろ二匹組も「離乳食かしら」の状態らしい。
それでは、食べていただきましょう~と思い、AD缶を持ってはちねこから帰宅。
夕方のミルクタイムで、ミルクのばしペーストのお皿を、こにゃんこ達に差し出してみました~。

よっちゃんだけ自分からなめた。
あとのこ達には、鼻先にちょんと付けてなめなめさせる作戦開始。

しかーし、ここで「一口頂戴」のでっかい頭が二つ、お皿の上にごりごりおおいかぶさろうとする!!
おりゃおりゃ~「食べるな~」
こにゃんこ達は硬くお口を閉じて「いりましぇ~ん、いやでしゅ」
おりゃおりゃ~「食べろ~」

めんどくさい、負けられない戦いがここにある状態です。
しつこくせまってくる二つの頭を押しやりながら、ちょろちょろするこにゃんこを一匹ずつ引っつかんでは、その鼻先にスプーンでペーストを塗る・・・。
こにゃんこが自分でペロっとする前に、ももに捕まってキレイになめられてしまったり!
んがーーーー。
自分で食べてくれるようになるまで、けっこう大変・・・。



えええ、思い出しますとも。
おかゆをスプーン一杯口に入れた後、一呼吸あけてから「べろべろべろ~」と吐き出されたあの日を。
えええ、今や足の裏をボリボリ掻きながらテレビを見ているおっさんのような我が息子の所作で御座います。
ああ、思い出したら腹たってきた。
まさに、八つ当たり(笑)




塩村あやか議員

先日、そのお姿を多摩地域の地域猫のシンポジウムでお見かけしました。
彼女は「TOKYO ZEROキャンペーン すべてのペットが幸せになれる東京へ」の組織運営理事であり
この日も、「都議会出席準備のため、途中で退室させていただきますが」と謝りの言葉から話し始め
キャンペーンについての自身の熱い思いを語っていました。

その彼女が都議会でのセクハラやじを受けた経由は皆さん、ご存知の通り。
ばかばかしくて話にならない。
今時、小学生の帰りの会でだって「言った人は名乗り出て謝りなさい」ぐらいの指導はあるだろうに。

厳正に処分していただきましょう

彼女が早くこの騒ぎから解放され、やりたいことに専念出来ますように。

プロフィール

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR