ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

のりたスイッチオン~

土日の譲渡会出席が過酷でキツかったのが素因でしょうか(笑)
何だか柔和になったのりた、「家猫スイッチ」が入ったようです~。
のりた、今日の夜ごはんの前の放牧タイムで、私の膝になんと自分から乗ってきました。
昨日の晩も、遊んでる最中に近くに来たので、手を出してなでなでしてみたら逃げなかったので、「おお?」と感じてはいたのです。
のりた、私の着ているセーターが長毛っぽいせいか(笑)、お腹の辺りをざーりざーりとなめておりました。「変な毛が生えてる猫だな・・・」とかって思われたでしょうかね(笑)。
しかし、その、やっとせっかくの、のりた・・・・・。
本日検査に出してもらった、みやまちゃんの外注ウィルス検査の結果次第では、我が家から移動する可能性もあります。
みやまちゃん、忙しいしいらさんに作業していただき、里親募集サイトに掲載をしていただきましたが、本日までにお問い合わせゼロなのです。
こんな可愛くて、人懐っこさのある安定したいいこなのに、猫エイズウィルスキャリアという表記は強力です。
私たちは何だか慣れてしまって、「それがどうした」のキャリアですが、世の中的にはハードルが高いようで、譲渡の険しい障害になってしまっています。
このまま、キャリアのみやまちゃんとのりたを一緒に育てていることで、のりたの里親探しに懸念を持たれるようになるなら、それは避けなければいけません。
そういうわけで、みやまちゃんの外注検査の結果次第で、陰転していなければ、のりたは我が家から移動になります。



「結果」を予測すると少し悲しくはなります。
懐いてきたのりたを手離し、いわれなきものを背負い、ひとりになるみやまちゃんが哀れです。
でも、覚悟のうえです。
こんなこといくらでもあるわよっっ、て古参のボラさんに説教されちゃいますね。
何がどうなろうと、みんなかわいいこたち。
みんな幸せになれるよう、がんばるからね。




スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

最新トラックバック