1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

date :2015年11月

・・・・のはずが

キジキジカルテットの四匹、昨日、一回目のワクチンを打って、週末くらいにいよいよ譲渡会デビューかしら~と思っていましたが、なんとここにきて検便で、回虫とコクシジウムがいることが発覚、投薬治療となりました。
そういうわけで、まず回虫の駆除、そしてコクシの駆除、虫が落ちていることを確認出来たら、ワクチン接種の予定です。
ぜーんぜん、我が家に来てから一回の下痢もしないこたちだったので、まさか虫ダブルとは思いませんでした・・・。こんなこともあるんですねぇ・・・・。
で、ワクチン完了を待って譲渡会デビューでは、仔猫が中猫になりかねないので、ホームページでの里親さん募集の告知を始めました~。
お問い合わせがあれば、我が家での個別お見合いを実施して(駆虫の間は譲渡会に参加出来ないのです)、このこたちに、素敵なお家を見つけたいと思っています。
どうぞ、お問い合わせはホームページのフォームまでお願いいたします!


ということで、取り急ぎ掲載用のプロフィール写真をとりました~。合わせて個別の性格を紹介いたしますよ~。
ちなみに、性格は今のところの様子です。絶対将来的に変化しない、というわけではないので(笑)、どうぞ、ふふーんとお受けとり下さいね~。

1448433043388.jpg
1448433123479.jpg
たれぞーくん。ふっさふさの長毛です。性格は、将来大物になりそうな予感の安定したこ。とにかく、いつもゴキゲンで、おもちゃ相手に背負い投げだか受け身だかの稽古を一途に自主練してます(笑)。そんななのに、ちょいとかまう手を出すと、すぐにお腹を出してコロコロする親和的な面も~。そんな「かまってくれるならとろけちゃうよ」的な素直さがカワイイやつです~。

1448433166180.jpg
つねくん。垂れ耳です。この写真撮影では、ニンゲンの息子の大きい手にガッシと掴まれて硬直してしまったので、撮ったプロフィールがおんなじ(笑)、なので写真一枚で~。甘えん坊で、遊んでいても適時に私のところに戻ってきて膝に上り、愛を確かめてからまた遊びに行きます~。肩に上って眠ってしまうことも。いじましいかわいらしさです。

1448433218100.jpg
1448433267518.jpg
ナランちゃん。身のこなしも軽い活動的なこ。お利口さんです。猫にも人にも甘えん坊で、我が家の飼い猫ももちゃんが来ると、すかさず一番かまってもらえるポジションに素早く潜り込みます~。離乳に手こずりましたが、一度納得したら後ろは振り向かないタイプ(笑)。ういのちゃんと激似ですが、ナランちゃんのほうが少しスリムで小顔。

1448433303647.jpg
1448433346769.jpg
ういのちゃん。ナランちゃんより少し丸顔。天真爛漫で気ままな猫らしい女の子かな~。鳴き声がとにかくかわいい。「もう少しミルクちょうだい、お皿に入れて~」とせがむ仕草と声がちょーカワイイ。将来、飼い主さんを虜にする小悪魔ちゃんになるかもしれない予感・・・。

みんないいこたちですよ~。
どうか、素敵なお家が見つかりますように。



スポンサーサイト

速報、食べました!

ナランちゃん、昨日の夜から自分でウェットを食べ始めました~。

実は先日、一段ケージから二段ケージにお引越ししたときに、ケージ内にお水とドライを設置したところ、その日からナランちゃんの体重が増えたので、どうやらウエットは拒否しててもドライを食べているようだとわかりました。それならウエットを無理やりお口に入れることもない、と思って、もうお口に押し込む私の努力は止めたのでした。
そしたらナランちゃん、食べ始めたと・・・・・・・(笑)。

私の努力が止んだので食べ始めたのか、私の努力があったので食べ始めたのか~
ふぅぅぅぅ。
育児って、なんなんでしょうねぇ(笑)。

とりあえず、ナランちゃん。
いっぱい食べて大きくなってね~。





さて、このにゃんこは誰でしょう?
久しぶりに制作意欲をそそる素敵な面構えにときめいて、保護主さんにお写真を送っていただいて羊毛猫を作り始めました!
楽しい~。

1447761417560.jpg

どういうカタチに仕上げるかは思案中。
ボディまで作ると大変な作業になるので、レリーフみたいに出来ないか・・・と試作です。
来年の春にお誘いいただいている画廊に出す作品の内容を、そろそろ考えていかなくちゃ~。
今のところ、締切に追われていないので制作が楽しい~(笑)。



途中経過発表~

ジャンジャカジャーン~、離乳の様子の途中経過を発表いたしますっ!!!

みんな離乳をーーーーーしてーーーーーーまーーーーーー
せん・・・・。

ナランちゃんだけ、頑としてミルクを要求~(泣)。
あとのこはみんな、現在パウチを食べ、カリカリも食べたりして順調ですが・・・・。
ナランちゃんだけは、ムリムリお口を開けてウエットを一つまみ押し込んでも、すぐさま食べずに舌で押し出してしまいます・・・。
ずっと離乳食ペーストの頃から変わらずそんな具合・・・。
もう一匹の離乳食断固反対ユニオンのういのちゃんのほうは、ついうっかり、いやいやして口から押し出したペーストが床に落ちたのを拾って食べてしまい、そこからは趣旨替えして食べてくれるようになりました~。(なんてカワイイやつだ、笑)
しかーし、ナランちゃんはミルク命。
しかも、本猫は、保護主さんから「お口に合う粉ミルク」をたくさん差し入れしてもらったおかげで、毎日美味しいミルクを飲むことが出来て大満足~。(いやいや、私が甘やかして美味しいブレンドにしているのがいけない・・・・)
きっぱり離乳させようかどうしようか、強硬策に出るべきか考えなくもないけれど・・・。でも、母猫から育児放棄されて一度はお腹を空かせたこのこたちを、数週間甘やかしたからって何の咎があるのよ~と思わなくもなく・・・。

結果、甘やかしてますっ。

ミルクを不味くしたり一気に断乳したりして、突如、意地悪されたようにナランちゃんが感じることなく、自然と体の成長が次の段階に進めてくれるような離乳が出来たらいいのになぁ・・・・と思って困ってます。




まぁ、でも困っているのはそのことくらいで、みんな楽しく元気に過ごしています~。
今は、こにゃんこ暴走族の時期に突入して、めいっぱい、エネルギーが尽きて眠りこけるまでムリムリ遊んでいますよ。
つねつねの足も、ちゃんと爆走に対応出来てます、良かった~。

動画です。
我が家の飼い猫ももちゃんも四匹の育児に大忙し~。キジ白にゃんこなので、ホントのママみたいに見えますね(笑)。



離乳食始めました ※追記

みんな5oogを超えたので、離乳食を始めました。
めんどくさい時期の始まりです(笑)。なんだかんだ、いつもすんなりとは離乳しないんですよね~。
ま、人の子もこの時期は大変なので、やっぱりにゃんこの世界もそうなのでしょう・・・。
やってみて、ダメなら根気よくゆっくりかしらねぇ~。

とりあえず、男の子組のたれぞーとつねつねは、食べることは食べます。
一方、女の子組は、お口に入れるとぺっぺしてみゃーみゃー抗議です。
その離乳食断固反対のお嬢さん方にさらなる困難が勃発!!
ちょうど、いつも飲んでる粉ミルクワンラック青缶が底をついてしまって、で、味覚の幅を広げるためにも他の未だ試したことのないメーカーの粉ミルクを開封してみました。
それが・・・・・・・・気に入らないそうですっ。猛抗議ですよ~。
しょうがないので、雨が上がったらいつものを一缶買いに行かなくちゃ。さすがに、離乳食とミルク両方を拒否られたら無理強い出来るものではありません。
とほほ・・・・・。



すすまない離乳食の一件の前に、実は心悩ましたことがありました。
それは、つねつねの耳が、三週を過ぎたくらいから中折れし始めたことです・・・。
実は、つねつね、保護当初から足の力が弱くて、それでも体が一番小さかったせいで成長が遅れているのだろう・・・と考えていました。
でも、つねつねが中折れのスコティッシュ・フォールドの耳の遺伝子持ちだとしたら、それは軟骨形成不全の性質をも持っているということなので(だから軟骨である耳が折れています)、手足の関節の軟骨にもその影響が出る可能性があるということなのです。

「スコティッシュ・フォールド」の垂れ耳の秘密

もちろん、折れ耳の特徴だけで手足には影響がない場合もあります。
その辺りの交配の遺伝的知識には詳しくないので、歩行がふらふらして後ろ足が0脚のように見えるつねつねの、耳が日増しにフォールドしてくるのを見て、不安だけがつのりました・・・・。これ以上、歩行に悪い影響が出たらどうしよう・・・・。
というか、実は情けないことにかなり動揺して狼狽を呈しました。
それは、後から考えてみると、歩行困難のハナちゃんを預かり育てていた経験の中で、実はかなりストレスを抱えながらも押し殺して訓練やお世話を続けていたのだ、という事実でした。
またしても歩行困難のこを育てるのか、と思ったら、怖くて繰り返せないと感じました。
もしかして自分には「障害」のあるこを集めてしまうようなダークな求心力があるのか?と考えて落ち込みました。

そんなこんなで鬱々としていたのですが、さいわい、段々とつねつねの歩行はしっかりとしてきて、ここ数日では、小走りも出来るようになりましたし、ミルク待ちで使用しているダンボール箱を這い登って出てくるほどの脚力もつきました。
今のところ、何か障害を疑わなくてはならない程の困難さではないのではないか、と思います。
ただ、ずっと何もないとは保障出来ません。それはわかりません。

何も知らなければ、かわいいかわいい折れ耳のつねつね。
譲渡会デビューしたならば、きっとそう言ってもらえることでしょう。
ただ、「折れ耳が可愛いから」だけではなく、つねつねが背負うものを理解したうえで、「ぜひ家族にしたい」と思ってくれる里親さんがどうか現れますように・・・。
まだまだ、早すぎる心配でケタケタ鬼が笑いそうです。でも、なんだかんだ心の疲労を拭い去れていない私には、自然と湧いてしまう杞憂なのです・・・。
いつでも、どのこを育てていても「素敵な里親さんのところに行って幸せにおなり」と願っているのですが、どうか、このこにも「ああ良かった~」と心から感謝出来る出会いが、この先、訪れますように。



今週の動画です。
みんなぐ~んと仔猫らしくなってきて、おもちゃで遊んだり走り回ったり。
輝くような可愛らしさです。





※夜のお食事には、ワンラック60%、A社20%、B社20%のブレンドミルクを献上しましたところ、「うむ、くるちゅーにゃい」とのことで飲み干されました~。

プロフィール

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR