0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

date :2016年04月

仔猫あるある

「仔猫あるある」と言えば・・・・・・・そう、下痢問題。

グリちゃん、我が家に来た時から少々下痢気味でした・・・。でも、離乳食始めたばかりだし、と思い様子をみていましたが、あんまり良くもならず、原因ははっきりさせたほうがいいので、大変元気で他に問題はありませんでしたが、火曜日に猫小児科に行ってみてもらいました。
診察台に乗せられて、お尻に検便スティックを入れられたグリちゃん、大絶叫!
院長先生がうらめしそうに「そんなひどいことしてないでしょ、そんな~」とつぶやく声を凌駕する大絶叫で、診察室の中は大笑い~。
グリちゃん、大変なオオモノですっ。
結果は、寄生虫などはなし、多少の細菌バランスが悪い程度で、下痢止めと消化のいいフードを出していただきました。

そして、数日経過。服薬でまぁ、良くはなってきたかなぁ・・・という具合でしたが。

金曜日の早朝、起きてみたら急な発熱です!
ごはんは一口二口で、あとは丸まってうずくまり、抱っこしてみたら体が熱い。
仔猫の「ぐったり」はホント心臓に悪いったらありゃしません・・・。時間の経過をじりじりと見守り、病院の診察開始時間十分前を狙って朝一番で駆け込みます。(ご迷惑すみません、でも仔猫なんでそこは許して~)
結果、発熱の原因はわかりませんでした。
点滴、抗生剤、解熱剤の注射、あとは飲み薬を出してもらい帰宅、様子をみます。
幸い、熱が下がるにつれて元気を取り戻し、お昼も食べて、遊ぶ元気も出てきました~。まずは一安心。



グリちゃんに限らず、ホント、仔猫は昨日元気でも今日急変するので、気が抜けません。
こんな、こんな元気なグリちゃんなのにねぇ・・・。
それを思うと、やっぱり仔猫の育児は母猫に敵うものはありません。どんだけ、猫母さんの母乳には免疫力があるのやら・・・。
また、きょうだいねこの存在も、きっと心の安定には絶対なサポート力があるのでしょうね・・・。
仔猫一匹、人間の預かりかーさん一人の関係は、問題がないように見えてもそこは深く大変です・・・。

それでも、我が家には強力な助っ人、猫保育士さんがいるんだけどね~。
ももひな、二匹ともよく面倒をみてくれていますよ。えらいえらい。

DSC_0046.jpg
ももちゃんのお世話はしつこいくらい(笑)

DSC_0040.jpg
ちっともじっとしていられないグリちゃん、反撃~

DSC_0058.jpg
ひなたおじさんは諦めの境地(笑)

DSC_0049.jpg
グリちゃん好き放題~

明日には、グリちゃん良くなっていますように。

スポンサーサイト

仔猫、始まりました

仔猫、始めました・・・・じゃ冷やし中華か~(笑)。
いやいや夏まで今年のはちねこ仔猫の保護はないか、と希望いたしましたが、昨日ついに、単独仔猫(お母さん猫なしでの保護)があり、おーちゃんママさんが我が家に出前・・・、否、配達~。

やってきました、グリちゃん。
かわいいかわいいキジシロの女の子です。
ただいま、493g。我が家にやってくる保護仔猫では、けっこう大きい部類のこです。
大きくて健康状態もすこぶる良くって、いつもの(・・・哺乳瓶大丈夫かしら、低体温じゃないかしら、のみしらみは、目鼻の具合は、下痢嘔吐は・・・等々)緊迫した「到着」ムードがなく、おーちゃんママさんとの引き継ぎも和やかな談笑でした~。

団地脇の公園で一匹で鳴いているところを保護された、とのこと。
保護主さんは、ひと月前に障害のある仔猫を保護してお世話していらっしゃることから、グリちゃんははちねこで預かり、譲渡会で里親探しをすることとなりました。
残念ながら、その障害の仔猫さんは里親探しが少し難しいかも・・・ということで、保護主さんご自身が面倒を看られるご意志で、代わりにグリちゃんには、ドイツ語で「幸運、幸福」という意味のグリュックから命名し、その幸せを願い、託されました。

グリちゃん、幸せな家猫にしてあげたいですね~。

元気で好奇心旺盛なグリちゃん。
到着初日から、おもちゃで楽しく遊んでますよ~。



離乳食も快食、おしっこうんちもトイレで成功、お水も鉢からごくごく飲めました。
このまま、すくすく成長してもらいたいです~。

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR