0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2016年06月

アリンコきょうだい

毎日、アリンコたちのミルクの時間とおくちゃんやまちゃんのお食事時間と、私の出かけたり済ましたりの予定と、ぎっちり数珠つなぎのタイムスケジュールを必死にかき分けて生活しております・・・。
この時期はどのスタッフさんも皆そうです。
それでもカフェには、順番に仔猫たちがワクチンを済ませて出てくる時期となり、保護のクレッシェンドと里親決定のデクレッシェンドが、保護数減少のカタチに傾いてきたかしら~。




先日移動してきたアリンコきょうだいのミルクタイム動画です。



今日の体重は、ありんちゅー184g、ありんちー295gです。
ありんちーの成長はとっても順調。毎日、20gくらいずつ体重増加していて、オシッコもだいぶ貯めて出来るようになりました~。
オシッコをちょびちょびおもらしの時期が終わると、洗濯物がぐんと減ってウレシイのよ~。
あいかわらず、慌てすぎでミルクを飲むのが下手ですが、たっぷり飲んだら、ご機嫌で周りをチョコチョコお散歩しています。

ありんちゅーも、もちろんゆっくりとではありますが成長をしています。
手足に不自由があり、この先になってみないとその不自由がどの程度のものかはまだわかりませんが、印象としては「生きる」状態に安定してなってきているのではないか、と思います。
移動の引き継ぎの時に、「大きくなれないかも知れないけど・・・、ダメかも知れないけど・・・」との言葉とともに手渡しされたこは、これで二回目で、やっぱり緊張はしますし、過剰に心配にもなります。
今回も、大慌てで「猫小児科」に大したことでもないのに駆け込んでしまったり、体重の計測で、ありんちーの体重をありんちゅーだと取り間違えて、「すごい増えた!」と思い込んで小躍りしてしまったり、数日間は、お世話の調子をつかむまで、我ながら取り乱してしまいました・・・・。
やっぱりどうしたって、お世話する者にとって「命の危険」は恐怖です。だから取り乱してしまったんだと思います。
でも、この数日で、ありんちゅー自身が身を持って教えてくれました。
ゆっくりゆっくりではあるけれど、「生きる力」はあるのです。
落ち着いてじっと見つめてみれば気が付くことが出来ることでした。取り乱して見落としていただけでした。
うまく説明は出来ないけれど、それは微かに伝わってきました。

がんばれがんばれ、ありんちゅー。

スポンサーサイト

仔猫はどんどん…

おくちゃん、やまちゃんは今、毎日、とんではねて遊んでいます。
おっとり男子だったのどかな時代は、はるか遠くになりました~(笑)。
仔猫は、五週を過ぎると急に仔猫らしくなって、きょうだいとじゃれて遊んだり、いっちょまえに毛繕いしたり始めて、ああ、もうベビニャンじゃないのね~っていう雰囲気になります。
さらに六週七週に入ると、こにゃんこ暴走族の時代にパワーアップ(笑)。
本当に週替わりで劇的に変化、成長していることを感じます~、すごいです。

そんな成長の変化がわかるでしょうか?
最新の動画と(六週終りくらい)、てちてち歩いているような頃の動画(四週始めくらい)をアップしてあります~。
どうでしょうか?遊び方とか関わり方とか、仔猫たちの雰囲気の違いわかりますか?


六週の終わりくらい「おくちゃん、やまちゃん、遊び盛り」


四週の始めくらい「おくちゃん、やまちゃん、転がしてみた~」「おくちゃん、やまちゃん、ゆる~い遊び」
はちねこ!カフェ you tube


こうやって定点観測してみると、乳飲み子から育てて離乳させ、大きく大きく育てた感慨もひとしおです~。
・・・・このこたちを育てる時間もあともう少し・・・・。
切なくて、嬉しくて、胸がいっぱいになります。
どうか、トライアルうまくいきますように~。




しかーし、仔猫はどんどん来るのよ(笑)、なんとなんと(笑)。
やってきました新しい仔猫たち。てんてんさんとこから移動のこたちです。

20160528064954650.jpg
(画像お借りしました。これは保護まもなくの頃)

アリンコきょうだいの二匹が移動してきました。
アリンコきょうだいは三匹きょうだいで、お子さんが学校の帰りに拾ってきたとのことで、保護当時は低体温と脱水などで心配な状況でしたが、一番大きなこはその後順調に成長、今は保護主さんのところでお世話を受けているそうです。
で、残りの二匹の、一番小さかったこ、一時体調を崩してしまったそのこと、足に何かしらの障害があると思われるこ、保護当時は中くらいの大きさだったこ、の二匹が我が家に移動してきました。

急遽命名。(個別の名前が・・・なかったのよ・・・)
足の悪いこは、保護当時中くらいの大きさだったので、アリンコきょうだいの中っていうことで、ありんちゅー。
保護当時最少だったこは(今は違うけど)、アリンコきょうだいの小で、ちっさかったっていうことで、ありんちー。
とにかく、はちねこには多数の仔猫がいるので、名前から保護場所や経緯がわかることは個別認識上けっこう大事~。
っていうことで、適当な名前だけど、モンゴルでは言い伝えとして、素晴らしい名前の子は悪霊が目を付けて持っていってしまうと言われていて、だからわざわざ「石」だの「名無し」「知りません」だの「虫」だの「これじゃない」「人じゃない」なんて命名したりするので(伝統的な名前はね、今はずいぶん違うけど)、どうか、無事に大きく成長しますように、との願いも込めて、テキトーに命名いたしました~(笑)。
大きく無事に育って欲しいのよ~。

アリンコきょうだいの詳細はまた次回!


勇気にもいろいろだ~

私事ですが・・・・
本日、人間の息子が内部進学に合格。来年の春から二年間、専門課程を学ぶ予定です。
ただ、「サクラサク」のような華やかな合格ではなくて、傷だらけの合格というか・・・・。
研究室の先生とはそれなりにモメたので、卒業までどう無事にたどり着くか早くも問題山積ではありますが、それでも、なんとかかんとか一区切り。
いつでもスマートになんかいかないけれど、我が息子はそんなもんです(笑)。
勇気だせ、苦労はするけど前進、前進・・・ただ前進・・・、泥だらけで匍匐前進、ガンバレ。




グリちゃん、私がブログをお休みしている間に、トライアル、正式譲渡が無事済みました。
グリちゃんのホームページ決定にゃんこの掲載写真を見て安心なさった保護主さんからは、「いろいろ考えましたが保護してよかった」とのメールをいただきました。

・・・猫を保護するって、実はけっこう決断のいることですよね・・・。
私も思い出します。
もし病気があって我が家の猫に伝染ったら?馴れなくて里親さんを募集出来なかったら?ものすごく医療費がかかったら?・・・・・・・・・
私なんか、勝手に猫を保護しちゃった娘と、玄関で、その責任の重さに途方に暮れて「もうなかったことにして放してくる」「いや待て」「だってお母さん無理って言ったし」と、猫を目の前に泣きながら喧嘩したものでした・・・。
その猫さん、仮いろはちゃんは今は幸せな家猫さんです。
あの日には、どうにもいろはちゃんを幸せに出来る勝算はなかったけれど、てんてんさんにちょっとした後押しをしてもらって(まだ、はちねこカフェオープン前でした)、ありあわせの勇気を振り絞り、結果的には本当に良かった~。

もしもこの時期、仔猫を前にして、「私には出来ない、ウチには出来ない」と、思い詰めているような方がいらしたら・・・・、
女は度胸、男も度胸(笑)、なんとかなんとかなるものです!
背中押しましょうか!もちろん、こちらも出来る限りのことではあるのだけれど(笑)。




おくちゃん、やまちゃん、有難いことにすくすくと成長しています~。
実は、トライアルの予定も決まりました!
嬉しいことに二匹一緒です。

1465302344525.jpg
あと、数週間はあたしだけのこねこなんだから~、一緒に寝るんだから~

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR