ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

自分に効用

忙しいのについつい編み物をしてしまう・・・、他にやらなければならないことはあるんだけどね。
つまり、きっとこれは自分の精神安定のために手を動かしているんだと思う・・・。

先日話題になった編み物↓
フィンランドチーム

とまぁ、何かにかこつけて私は編む。
何を?何だかよくわかんないものを(笑)。



最初はこんな感じで思案にくれて・・・、
手法は布の裂き編みです。
DSC_0768.jpg


いやね、ウチのももひなにゃんこ、狭いの大好き。
旧メーメーくん、旧まりかちゃん、子猫二匹のために購入したちっこいドーム型ベッドに詰まる詰まる~。
無理だってのに(笑)。
ちなみに、ひなの顔の上にあるつま先白靴下の足二本がももちゃん。四本揃えてはみ出しているのがひなの手足。
DSC_0705.jpg


そんなに詰まりたいのなら・・・と思い、
ほら、フェルトで出来た卵型の猫ベッドってあるじゃない?よく通販広告で見かけるお値段の張るヤツ~!
あんなの作れないかなぁ・・・と思って、
編んだら結構張りが出て形崩れしなさそうな裂き編みで、ちょっくら試しに編んでみた!
そしたら、まぁ編んでる途中から猫は気に入って中に入ってくれるんだけど、やっぱり全体的に型崩れしてしまうのよ・・・。
で、ピコーンと
上部からの編み始めで、針金の輪っかを芯にして出入口にしたら・・・と思いつき、
100円ショップに行って、朝顔の支柱を買ってきた!


一番小さい輪っかを外して、熱収縮チューブでつないで編み込みスタート。
DSC_0772.jpg


途中、中腹部分にも、「テクノロート」というプラスチックで出来た針金みたいなのを編み込んで形を補強・・・
出来た!
DSC_0781.jpg


アンモニャイト状態だとこんな感じに詰まります~。
DSC_0787.jpg



ええと・・・、
猫グッズとしての需要はありますかね?
せっかく苦労してあれこれ編み方を考えたのでこれ一個で制作終わりは悲しいんだけど・・・。
だけど、
いやもう、我が家には裂ける布がこれ以上ないんですけどね・・・。


スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

最新トラックバック