FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

わらびちゃん正式譲渡とCAPP

山菜きょうだいの残り一匹のわらびちゃん、金曜日に正式譲渡が済みました。
わらびちゃんは、私がなんと19歳の頃からの友人宅に迎えていただくことになりました~。

実はわらびちゃん、私がCAPPの活動を勉強開始するにあたって、(CAPPって何?っていう話はこの後するよ!)
「もう、うちのこでいいか、このこと一緒にチャレンジするのでいいか・・・」と密かに思いを温めていたところ、
突然に先の旧友からLINEがあり、「我が家の初代のにゃんこが亡くなり四十九日が過ぎたところです。やはり寂しくて新しい一匹を迎えたい、ももひなかーさん、猫ボラだったよね」と相談が入り、
「今、うちには一匹いるんだけどね、わらびちゃん。こんなこで・・・」と写真を送ったところ、
「昨日の四十九日、三毛猫が夢に出た、そのこで!!」と、話が決まっちまいました~。
もう、そう言われたら仕方がない(笑)。※注 友人宅は、ちゃんとはちねこ譲渡条件をすべてクリアしております
猫ボラとしては、ご希望があり譲渡条件にパスしている以上、基本、断るわけにはいきません(苦笑)・・・。
とりあえず私のCAPPのお相手はお預け、ということで、わらびちゃんは急転直下、トライアルに行くことになりました~。


20180623160126.jpg
わらび、おとうさんのおひざにのるおしごともしたし~

20180623160203.jpg
でんわかけるおしごともがんばったのよ~


友人宅には、亡くなった先猫さんのお友達にゃんこが一匹いて、ま、わらびちゃんとは少しずつ少しずつの距離を縮めていくトライアルとなりましたが、亡くなった猫さんにお友達子猫を迎えた経験が友人にはあるので、そこは時間の経過で大丈夫、正式譲渡となりました~。

いやはや、譲渡書類の作成はちゃちゃっ、と済ませて、いろーーーーーーーんな、会っていなかった十年分くらいの話を話し込んで、合間に未練がましくわらびちゃんと遊び(笑)、また話し込んで、私にはとっても楽しい正式譲渡の一日でございました~。
話し込んで、日頃のストレス全開放って感じの素晴らしい時間を過ごし、もしかしたら、このご褒美のために私はわらびちゃんを育てあげる運命だったのかしら、とも思えてきて、うーん増々仕方がない(笑)。

わらびちゃんはそのまま、わらびちゃんとなりました。

20180623155922.jpg
かーさん、こねこはみんな、いくところにいくっていってたでしょ、だからだいじょうぶ!





んで、CAPPの話。
シーエーピーピーとは、コンパニオン・アニマル・パートナーシップ・プログラムのことで、
公益社団法人、日本動物病院協会が行う地域社会への貢献活動の一環で、福祉施設などを訪問し、動物の持つ温もりややさしさにふれて頂く、アニマル・アシステッド・セラピーのボランティア活動。
ま、なぜ私が?っていうところは長い話になるので省略をさせていただき、とりあえずはパートナーにゃんこなしで、講習会、見学とCAPPの勉強をスタートさせました!
その写真はね、個人情報になるのでひとつも掲載不可で、ないんだけどもね、


DSC_0907.jpg
こんな資料で半日みっちり講習会を受けて

DSC_0908.jpg
こんな機会でも、さらに勉強するつもり!

将来的には、私のコンパニオンのセラピーキャットを育てて活動出来るようにしていきたいな~。
今、私が活動をしている保護猫のボランティアと、発達障害児の療育のボランティアとを繋ぐ内容のあるものに、と自分では考えていて、時間はかかるだろうけれど、猫も子供も、家族も地域も一緒に幸せであるよう目指していくよ~。
CAPPは私の新しい目標、頑張ります!



スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

つくし、ふき&きじ、正式譲渡

本日トライアルを経て、つくしくん、ふきくん&きじくんの正式譲渡を済ませました~。
ご報告いたしま~す!

つくしくん、
20180617212121.jpg
おっとりでいつもゴキゲンのつくしくんは、三才の小柄なお姉さん猫のいるお宅にトライアルに行きました~。

20180617212229.jpg
行った当日から、幼稚園児の娘さん、小学生の息子さんに、おもちゃで遊んでもらって馴染み度100%でございましたヨ!

20180617212148.jpg
心配は先猫さんとの相性でしたが、お母さんが段階を経て二匹の距離を見てくださり、一週間で仲良く追いかけっこからのにゃんこプロレスが出来るまでに!!
つくしくんも先猫さんものんびりな感じの性格なので、正式譲渡にお伺いした時点ですっかり「ハマった落ち着き感」がありましたね(笑)。
幼い娘さんが腕につくしくんを抱っこしてテレビを見てる後ろ姿が、アメリカンポスターみたいでほほえましかったです!
お兄ちゃんも細かいことによく気が付く少年で、きっと、きちんとお世話が出来るだろうな~と、頼もしい気持ちになりました~。
良かったです!

つくしくんはミルクくんになりました~。




さて、ふきくん&きじくん。こちらは三人の娘さんが賑やかなお家にトライアル。
なんとなんと、お父さんがDIYの達人!
トライアルの時にはなかった玄関ガードとキャットウォークが一週間で出現、びっくりしました!
DSC_0895.jpg
見てよ!素晴らしい!

DSC_0893.jpg
キャットタワーからのキャットウォークですよ!

DSC_0898.jpg
しかもリビング中央上空を横切れるダイナミックさ!
好奇心旺盛のふきくんにはたまらんでしょうね~。
実際、お父さんの作業中から興味津々で、作る先から飛び乗っていたとか(笑)。

20180617215105.jpg
涙して預かり終了をし送り出してくれた愛情深いきじくんの預かりさん!きじくんは、娘さんたちにたっぷりと遊んでもらって、ふきくんとも仲良し、とっても楽しそうでしたよ!安心してくださいね!

20180617215129.jpg
キラキラおめめのふきくんが、やっぱりキラキラ、ワクワク楽しく暮らせていけそうなお家で本当に良かった~。

20180617214845.jpg
譲渡会では泣き顔の多く見られた末娘さんですが、正式譲渡にお伺いした時には、すっかりにゃんこと仲良しになり落ち着いた様子で、「子供の成長のすごさ」「にゃんこの影響力のすごさ」を感じて、私、ひっそりと感動いたしました~。
三人の娘さんと二匹のにゃんことの素晴らしい時間が、かけがえのない家族の歴史を作っていくのでしょうね。
お父さんお母さんにも、その堅実なサポートに感謝です、ありがとうございます!

ふきくんはてんくんに、
きじくんはうにくんになりました。





一匹残ったきょうだい、わらびちゃんもトライアルに出ています~。
めろめろに可愛がられていますよ(笑)。
正式譲渡になりましたら、またご報告いたしますね!



  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

出発の朝

ご飯食べてみんなで遊んでお昼寝したら、出発するよ。

DSC_0867.jpg

DSC_0871.jpg

DSC_0876.jpg

DSC_0878.jpg

DSC_0881.jpg

DSC_0886.jpg

DSC_0874.jpg




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

とりいそぎ

昨日、今日とで山菜きょうだい、それぞれトライアルが決まりました。
取り急ぎご報告です。
トライアルを経て、無事正式譲渡となりましたら、まとめてご報告させていただきますね~。
さて、子猫ご飯の給仕をしてまいります!




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

なぜだか難航・・・

子猫たちの里親探し、なぜだか難航しています・・・。
先猫さんの〇〇〇〇をしていないご希望さん、〇〇のご希望さん、先猫さんを〇〇〇〇しているご希望さん、先猫さんの〇〇〇〇〇〇〇〇と〇〇〇〇をしていないご希望さん・・・。
皆さんもちろん、悪意や落ち度があるわけではなくて、保護猫の譲渡にあたっては条件がある、ということをご存じなかったり、ご理解が違っていたり、ということでした・・・。
こういうのはご縁ですから、タイミングとか、もしかしたら他の猫さんにご縁の赤い糸が繋がっていたりして、単にウチのコたちにご縁がなかったのだろうと思います。
はちねことしても、譲渡の条件というものは、活動をしていく実体験の中で必須と思われる条項ばかりですから、これに無理をしても、先々の不安がきっと残ります。
仕方のない話です。


それでもちょっと疲れたワタクシ、リフレッシュを求めて(苦笑)話題の本を取り寄せてみました!

DSC_0861.jpg

「俺 つしま」 おぷうのきょうだい著 小学館

アマゾンでの扱いはこちら
表紙の上に表記の「なか見!検索↓」をクリックすると少し内容を読むことが出来ます~、涙が落ちる寸前のとこまで(笑)。



にゃんこって不思議な存在ですね~。
すりすりして、撫でて、ご飯あげて、うんち片付けて、一緒に寝て、遊んであげて、ブラシして、いとおしくていとおしくていとおしい。

やっぱり私もまったくそんな思いで、このこたちに接し育ててきました。この前もこの前も、そしてこの先も。
ミルクボランティアの存在って何でしょうね・・・。
つい、「星の王子さま」の中の、きつねと王子さまの「はかない」エピソードを思い出してしまいます。
きつねは王子さまを愛したことで、麦の色を見るだけで失ったはかなさをうめることが出来るようになります・・・。
でも、私はどうしたらいいんでしょうね(苦笑)。
もうとっくに人生折り返している年頃だというのに、私には未だ存在という謎が解けないのです(苦笑)。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

最新トラックバック