071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

とりあえず始めてみた

えらい久しぶりでブログを始めてみました。
どうしてかと言うと、はちねこの活動の中で、「伝えたいな」と思うことがぽつぽつ湧いてきたから。
そういう訳で、久しぶりに書き始めてみましたが、
多分、写真もないかも知れないし(笑)、更新もとてもとても毎日なんて書けない。
はちねこ周辺の方々のブログと比べると、あんまりな出来になるかとは思うけど
ま、お許しを~。
だいたい、私がブログを書いていたときって、「トラックバック」なんて機能に「へぇ~」と思った、そんな大昔よ。
あんまりにも、ブログというもののスペックが違いすぎて思い切り不安な気持ちで書き始めております・・・。


青梅からやってきた、目も開いていないこにゃんこ達六匹を分け分けして預かったのが、5月25日のこと。
我が家に三匹。ちびままさんのとこに三匹でした。
その後、ちびままさん預かりの三匹は、あまりにもの多忙で他の預かりさんのところに移動したのだけれど
体調を崩した一匹が、お医者に通うためにちびままさんのとこに出戻っていました。
その一匹を、我が家に預かったのが二日前。
ちびままさんのとこに、急遽、看病を要するこにゃんこが舞い込んできたので、少しでもお世話の手数を減らして欲しくて
それで、同じきょうだいなんだから、と思って、我が家に移動してもらいました。

きょとんとした、その下痢気味だというこにゃんこ(よっちゃんと命名)は、
久しぶりの再会のきょうだいの中に入れられて、ちょっと遠慮気味に見えました。
まわりの三匹は全然、気にしているふうはないのだけれど、よっちゃんだけがもじもじしているという・・・。
それでも、そんなしり込みの感じは一日だけで、次の日には、「誰の腹だか足だか~」のかたまりになって寝ていました。
我が家に預かったときは、よっちゃんは下痢だという話だったので、
本日の朝、とてもいいうんちが出たので、ちびままさんはきっと、下痢の具合を心配しているだろうと思い
「いいうんち出ました、ミルクもたっぷり飲んでます」とメールしました。
そうしたら、「うちで一匹でいるときは、2、3時間おきにぴーぴー泣いてました。やはり温もりに安心したんですね」とメールの返信がありました。
そう、本当に「安心」の一言がぴったりよっちゃんの気持ちを言い当ててます。
下痢は止まるし、たっぷりミルクは飲むし、ぐーぐー寝る。

で、今日本当に書きたいこと、伝えたいことにやっと届きそう(笑)、いや、まだだ~。
『こにゃんこはミルクのみで生きるのではない、こにゃんこの中にあってこにゃんことしてミルクを飲む』
というようなことを言いたいのよ。
子どもの(人間の)発達心理学を学んだときに、ボウルビィの愛着理論のことやホスピタリズムや、ハーロウのアカゲザルの実験のことを知って
(これらについては、また時間のあるときに説明したいと思います)
哺乳類って、ただミルク飲むだけじゃ育たないんだなぁ~と思ったのよ。
抱っこされたりのスキンシップなしでは、本当の意味ではまともに育たない。
そういうわけで、もう1つ言いたいこと、伝えたいことがある・・・。
『子猫を母猫から早く引き離さないで』と言いたい。
子猫は可愛い。確かに可愛い。だから、ペットショップでは子猫をなるべく早くにショーケースに入れて売りたい。
でも、その子猫は子猫に育たないのだよ・・・。
言い過ぎ?
でも、ペットショップで子猫を買ってしまう人も、そんな残酷を思ってもみないでいるんだよ。


長文だ・・・。
メキシコ、カメルーン戦が始まってしまった・・・。
詳しく細かくはまた、後日書くことにしようと思う。






スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR