071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ご報告

先週の土曜日、テツの保護主さんのハウスシェアの友人さんがはちねこカフェにいらっしゃいました。
テツの保護主さんは今、介護のために東京を遠く離れています。六月は、一時帰宅するので・・・と連絡をいただいていましたが、先行きの見えない状況下でそれも無理となり、このたび、悩みに悩み抜いて、テツを手放し里親さん探しをすることをご決断くださいました。
保護主さんは介護の傍ら、すくすくと成長するテツの健康さを何よりも楽しみとしてくださり、大変な状況の中の励みとしてくださり、何とかテツを手元に戻せないかご検討したそうですが、どうしても状況が許さず、テツの将来を考えてかわいい盛りの今、という苦しい決断を受け入れてくださいました。
そうして、友人さんがお別れの見届けにいらしてくださいました。友人さんも「無理だよねぇ・・・・やっぱりどうしても無理だよねぇ・・・・」とつぶやいては、テツを抱っこしてなでてくれました。


はちねこに、まるで捨てるかのように猫を置いていく方もいないわけではありません。
もちろん、その方とて色々状況もあるのでしょうが、猫さんからしたら、なでられることもされずに、惜別の眼差しもなしに、ぽつんと知らない場所に置いていかれるのなら、それは「捨てられた」と感じるのではないのでしょうか。
言葉はわからないのですから、もうそれは本当に「気持ち」が丸ごと伝わっているハズです。
「手離す」という同じ行動ではあります。批判もあるのかも知れません。ただ、私には同じではありません。




さんちゃんかずちゃん、本日、一回目のワクチン接種いたしました。ワクチン負けもせず元気です。
さんちゃんかずちゃんは、数日のうちに我が家から移動となります。
テツには、明日お見合いの予定が入っています。
三匹の猫バターのお部屋ぐるぐる爆走も、もうわずかかしら・・・・と思うと、やはり寂しさも感じます。
でも、自戒を込めて明るく元気よく、ポジティブな雰囲気で送り出さなくちゃ、と思います。私に手離したくない気持ちが起きればバレてしまいます。その気持ちをこにゃんこたちが受け取れば、うまくいくトライアルもうまくいかなくなるやも知れません。そんな邪魔は本意ではないのですから、明るく元気よく!!!!

来週からは、ハナちゃんのトイレと離乳という難題にチャレンジしていかなくてはなりません。
難題過ぎて、考えてしまうのをストップかけてます。ただ、やるだけ。
こういうとき、普段は「認知の歪み」に苦しむ気質のわたくしですが、やっちまおうぜ~と笑えてきます。
欲しいものは「愛と自由」~(笑)、座右の銘は、ジョージア・オキーフの「心配することは、ありません。最後には勝つのです」~(笑)。








スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR