ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ご報告2

土曜日、テツとさんちゃんかずちゃんにトライアルが決まりました。
テツは元本郷町に、さんちゃんかずちゃんは明神町にお泊りに行きます。
どちらのお宅も、長年連れ添った猫さんを看取って、そして保護猫をご希望してくださいました。

三匹は、今、こにゃんこ暴走族真っ盛りの腕白な時期。多少の心配はありますが(・・・テツ~)、猫ベテランさんのお宅なので、きっと理解してくださるだろうと思います。
みんにゃ、がんばって行っておいで~。



ハナちゃん、昨日の夜から離乳食始めてみました。
・・・・・大丈夫、食べそうなタイプ!!(え~~、業務連絡業務連絡、どこぞのミルクボーイ君は、ハナちゃんの哺乳瓶を見るたび近寄ってきますが、もういい加減忘れましょう~)
ただ、首を支えていないと離乳食のスプーンにぱくぱく出来ないので、まだまだお皿から自分で食べることは状態的に可能ではないと思います。
どうしたら可能になっていくのかわかりませんが、「食べたい」という気持ちがあるのですから、応えていけるよう、まずは一口一口。

そーんな、遅々とした作業をしていたら(当然、初めて個形のものをパクパクして口に運ぶので、スプーン上のほとんどをこぼしてしまいます)、より分けたハナちゃん用の、粉の離乳食をウェットに混ぜてペーストの固さにしてあるお皿に、かずちゃんが「あら、これにゃーに?お味見お味見っっ」って感じで、ぱくついていました~。
・・・ま、可愛いから許す~。



そんなこんな、六月いっぱいくらいまでは四匹のてんやわんやの態勢なのかしら・・・?
限られた時間だけれど、それぞれ四匹のこころに楽しい時間として残るといいな~、否、残んなくてもいいのかな~(苦笑)。




スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


最新トラックバック