091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

キジキジカルテット!

いつものように急展開、急きょ乳飲み子を預かることになりました。
ボラ仲間経由で、飯能から四匹のキジ柄こにゃんこたちが土曜日、我が家に到着いたしました。
このこたち、どうやら母猫が育児放棄してしまったようで、地元でTNR活動をなさっているボランティアさんに保護の依頼があり、回り回って回り回って(多分・・・・多分)、八王子着。
しかしながら経過はどうであれ、責任を持ってきちんと対応していただけるボランティアさんとお見受けしましたので、今回ははちねこでお預かりすることとなりました。
幸い、こにゃんこたちは健康状態も良く、一回目の授乳からゴクゴク、ミルクも飲み一安心です。
土曜日の保護で、日曜日には粉ミルクの味にも慣れたのか、夕方から一気に飲む量も増加しました。
みんなメチャクチャ似ていて区別しにくく困るキジキジの四匹ですが、何とか判別方法を見出して(笑)命名、夜のミルクタイムの動画を撮ってもらったので、撮り立てホヤホヤをどうぞ~。



まだまだ、哺乳瓶に慣れていなくて、焦って立ち飲みしてるこもいたりしますが(笑)、すぐに落ち着いてたくさん飲めるようになりそうです。
美猫になりそうな、可愛い良いこたちですよ~。
どうか元気に、丈夫に育ちますように~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

ありがとうございます。

ご無沙汰しています。昨年はへその緒付の青梅の6ニャンを育てて頂きありがとうございました。お陰さまで6ニャンとも元気に育っています。今回も飯能のボラさんに相談され、はちねこさん以外は考えられないと、てんてんさんに相談しました。快く引き受けて下さり、Aさんがとても喜んで挨拶に見えました。住む場所は違っても、猫ボラ仲間のネットワークが広がって行けば、救える命が有る事が良く判りました。
本当にありがとうございます。宜しくお願い致します。

いつもブログを楽しみにしていますやっぱり 頑張っちゃうところが感服です。
古本市もお天気に ほぼ恵まれ安心しました♪以前はお天気なんて気にした事なかったのに、…人と人との巡り合わせだったり、共感出来る想いだったり…すごいなぁ、としみじみ。
私の近くで、猫ボラさんしている人から、はちねこさんの話を聞く事があったりします。内容は噂話しだったり、中傷ぽかったり。
私は そんな事も色んな事も人間同士考え方が違ったり感情が絡まったりするのは当たり前だと思ってます。
そんな中で削ぎおとされ、残ったメンバーは様々な結束が出来る訳だし。
何より、四の五の言ってるより実際に動いている事が大切だと思ってます。言うのは簡単だけどね、チーム組んで継続するのは本当に大変だけど、個人一人の力なんて あっと言う間に限界きちゃいます。
私は、私なんか典型ですが“私はこれしか出来なくてごめんなさい”と手の内を見せて相談に乗ってくれる場所は大切にすべきと確信しています。

Re: ありがとうございます。

先日、お預かりしたべびにゃんが残念ながら育たず、大変偶然ながら(?!)、我が家がちょうど保護猫定員空きでした~。
それでも、さすがに今回てんてんさんも遠慮したようで、(まだ、べびにゃんに供えたお花が枯れていないくらいの時間しか流れておりません・・・)
「乳飲み子、み、見てみる?・・・」などと、奥歯に物が詰まった言いようで(笑)、「今日のところは~」なんてメールが来て、「あら、そう」と思い、乳飲み子受け入れ準備で温めたあんかのコンセントを抜いて、家族に片付けられた食事を台所で立ち食いしてたら、ピンポーン~、玄関チャイムが鳴りました。
で、やっぱりこの日にお預かりすることとなりました。
飯能のボラさんからは、保護の経過のメールや必要品の問い合わせなど、とても丁寧なフォローが届いていますよ。
基本的には、その土地その土地での対応が一番だと思うけれど、「情けは他人の為ならず」いつか、はちねこに還ってくることでしょう~。
そういうわけで、キジキジカルテットお預かりいたしますね。
元気に育って欲しいです。

Re: Re: タイトルなし

いつも丁寧にコメントありがとうございます。はちねこスタッフブログいち理屈っぽい私の書くものに呼応していただき幸いです(笑)。

私も、こんな活動に加わる以前は、街でのんきに野良猫なでて通り過ぎているだけの存在でした。
今は、「暑い寒い」の天気さえ野良猫の暮らしに影響を与えないかと心配になりますし、外出する際には左右をキョロキョロ、新顔の野良がいないか立派に挙動不審のおばさんです~。
縁とは不思議なものですね。

はちねこカフェも、じきに二年になります。
当然色々とあれやこれやとあって、実状そんな素晴らしい組織ではない面も多々あるのだと思いますが、で、私も色々思うところもありますが(笑)、基本、スタッフのみんなの「いのち」に対する真摯な思いには敬服しています。
私は、ずいぶん前から「障害」のある人達の傍らでモノを考えてきた活動が自分の根底にあるので、その「いのち」に対する平等感が、私のはちねこに対する信頼の基準でしょうか・・・。
とはいえ、不動のものでもなく(笑)、日々の活動は迷いの連続ですね・・・。
私も含めて、みんな「出来る範囲」だろうと思います。
誰でも自分が成り立っていないのなら、どこでどんな活動をしようと行き詰るモンです、だから精一杯「出来る範囲」。
一応、私もこの二年の流れで一通り勉強させていただきました♪
どこまで続けられるかわかりませんけど、こうやって、ウダウダ考えながら書きながら、また、一日一日よろしくお願いいたします~。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR