0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

ギバー、テイカー、マッチャー


組織心理学についての面白い記事を読んだのでメモしてみたいと思います。


アダム・グラント「与える人」と「奪う人」-あなたはどっち?

《上文よりまとめ》

世の中には、「テイカー」(奪う人) 他人とのやり取りにおいて 利己的な 「何をしてもらおうか」 という意識の人と、 「ギバー」(与える人) 他人とやり取りするときの意識が 「何をしてあげようか」な人と、「ギブ」と「テイク」の間で 「マッチ」という 損得のバランスをとるスタイルの 均等なバランスを保ちたがる代償型の人、 つまり「何かしてくれたら 私も何かしてあげる」という人「マッチャー」にわかれると分類しています。
それぞれの職業において、なんと 最低の成績を出していたのはギバーで、 その理由は、見返り以上の 頼まれごとをこなし 他人がするべき仕事で手一杯過ぎて 時間も力も尽きてしまい 自分の仕事が終わらないからだそうです。
しかしながら、ギバーは しばしば 自己を犠牲にしてしまう一方で 組織に改善を起こす人でもあるとのこと。
人々が助け合い 知識を共有し合い 面倒を見合う頻度が高い組織ほど 測定可能な あらゆる指標において 優れているそうで、 「ギバー」という多大な時間を費やして 他人を手伝い チームの改善に尽力する存在は、組織にとって大切な存在であり、 結果 自分の仕事は 思うようにいかなくなってしまう ギバーが十分に活躍できる 環境を整えることが、組織として重要な課題といえます。
成績ビリがギバーなら トップは誰なのでしょう?なんと、どの職種でも どの組織でも 首位にいたのも ギバーでした。
力尽きている多くのギバーが成功する社会は どうしたら作れるのでしょうか、 その方法― 企業だけでなく 非営利団体や学校や 行政機関でも使えるコツは三つあるとのこと。

①1つ目の条件は その組織にとって 最も貴重な存在がギバーであり でも気を付けないと燃え尽きてしまうと 認識すること。
秘密兵器は 「5分間の親切」、 この「5分間の親切」は ギバーが対人関係で境界線を引き 自分自身を守るのに必要不可欠です。
② 2つ目、ギバーが活躍できる環境作りには 人に頼ることが当たり前であるという 下地がまず必要で、 成功しているギバーは 自分が「受け取る」側になってもいいのだと 認識しています。
助け合いは ただ単にギバーの成功や幸福を 守るためだけではなく ギバーのように振る舞う人々を 増やすためにも非常に重要、 誰も助けを求めない組織では 誰のために何ができるかさえ分かれば 喜んで力を貸したいという― たくさんのギバーたちが 不満を抱えることになります。
③ ギバーが活躍する環境を作るのに 最も大事なことは、 誰をチームに迎えるかを よく考えて決めること。
生産的な 与え合いの文化を築きたければ ギバーを揃えればいいのだという認識は間違いで、 1人のテイカーがいると 1人のギバーがもたらす― 好影響の2倍から3倍の 悪影響が生じることが分かりました。
テイカーを1人でも チームに入れるだけで ギバーたちは出し惜しみを始め、でも ギバーを1人 チームに入れても 急に親切の連鎖が始まることはなく、 それより 大抵は 「やったね この人に全部任せちゃおう」 となります 。
効果的な採用活動や チーム作りにおいて 大切なのはギバーを登用することではなく テイカーを排除すること、 うまくやれば ギバーとマッチャーだけが残り、 搾取が起こらないので ギバーは安心して親切さを発揮します。 マッチャーのいいところは 周りに合わせるという性質です。

テイカーを見抜くポイントは、 「人当たり」というもので、 様々な文化において 性格の大きな要素の1つですが、人当たりのいい人がギバーで 人当たりの悪い人がテイカーだと 思い込んでいましたが これらの特性には 全く何の相関性がありませんでした。 実のところ 人当たりの良さ・悪さは 表向きの姿で、 ギブやテイクは 内的な動機という性質が強く その人の価値観や 他人に対する意図が表れます。
人当たりの悪いギバーは 組織で最も過小評価されている人々で、 誰も聞きたくないけど 誰もが聞く必要のある― 批判的な意見を敢えて言う人、 そんな人々をもっと上手に 評価するべきです。
また、 「人当たりのいいテイカー」 いわゆる詐欺師タイプ、 表向きは いい顔をするけど 裏では ひどい仕打ちをする人、に対しても適切な評価をするべきです。
こうして うまいこと 組織からテイカーを駆逐して 安心して周りに助けを 求められる環境を整え ギバーが燃え尽きてしまうのを防止し 他人の力になりつつも 自分自身の目標を野心的に 追求してもいい文化を 作ることができれば、 成功とは何かという考え方も 変えられることでしょう。
競争を勝ち抜くことが全てではなく 貢献そのもののほうが大事なのだと 皆 気づき始めれば、最も意義ある成功の形とは 他者の成功を手伝うことだと理解することが出来るでしょう。

《ここまで内容まとめ》




先日、セミナーの懇親会にて、他の保護猫ボランティア団体についての話も多々聞くことがあり、正直、ボランティア団体の運営って難しいなぁ・・・と感じました。はちねこも例外、とは言っていられません・・・。
もちろん、どの団体も「命を大切にしたい、救いたい」という愛護の精神からスタートしていることは確かなんだけど、やっぱり集まる人々にはそれぞれ考えの相違があるし、それが表現の違いや行動の違いとなって現れると、組織としての運営は困難になることもあります。
そんなこんなの話をセミナー酒宴の場で話したこともあり、組織心理学の上記の記事には非常に関心を持ちました。
ただ正直、「うまいこと組織からテイカーを駆逐して」のフレーズにはびっくりしました。のんきな日本人の感覚としては「話せばわかる」と感じてしまう辺り、宗教や民族などの相当な相違の困難と同居している社会とはその切実さが違うんでしょうね・・・。
まぁ、それはさて置き~、
保護猫ボランティアさんの大多数は「ギバー」だと思います。
それゆえ、自分の経済的、環境面でのキャパシティーを超えた保護数を抱えてへとへとになってしまう方もよく見受けられます。
へとへとになってしまう、ということは、自分の出来ること出来ないことをきちんと認識できていない、ということでもあると思います。
大盛り上がりしたその晩のセミナー酒宴の最後に、講演者さんの口から出た言葉は「自分の生活がきちんとしていること」「つらかったらやめていいんだよ、一時でも休む。結局戻ってくるもんだよ、だってみんな好きだからね」という言葉でした。
私は組織の長ではないので(笑)、どう猫ボランティアさんというギバーをうまく機能させるかという舵取りをするわけではありませんが、自分のギバー的側面、一生懸命になり過ぎてへとへとになってしまう個人的状況には改善をしなければなりません~。
自分なりの「5分間の親切」という機転が働かせられるよう、今期は考えていきたいと思っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR