FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

きーちゃん、ゆっくん里親さん募集!

二匹とも無事、ワクチン負けはありませんでした。
仲良く元気に過ごしていますよ~。

きーちゃん、ゆっくん里親さんの募集です!

DSC_0522.jpg



きーちゃん、女子、生後3か月、FIV陰性FeLV陰性、3種混合ワクチン接種、人馴れしています

とても懐こい性格、眠くなると人や猫の温もりを求めて寄ってきます、人と添い寝も出来ます!
賢いといわれるサビ猫の通り、大変賢く活発です。
この小ささなのに、「人の心がわかるの?」と思うときもあり、年を経たらどんな猫さんになるのかしら~と楽しみになるこです。

DSC_0520.jpg

DSC_0514.jpg



ゆっくん、男子、生後3か月、FIV陰性FeLV陰性、3種混合ワクチン接種、人馴れしています

エネルギッシュに怖いもの知らずで飛び跳ねています。
元気が有り余ってちょっと噛み噛みするのが今の課題ですが、成猫に叱られて少しずつ学んでいるかな~。
薄い栗色の珍しい毛色で、顔の色分けやスレンダーボディの様子が、ちょっとコツメカワウソ似です(笑)。

DSC_0519.jpg

DSC_0515.jpg





3カ月の子猫というのは、人でいうとまだ幼稚園生の五歳児にあたります。
例え、人間は一人っ子として生まれていても、長期間、学校や地域に参加して立派に社会性を獲得しますが、猫はそうではありません。
猫は多頭で生まれるのが普通で、親兄弟と過ごす数カ月間で猫としての社会化を形成します。
現在、ペット業界では5週で親兄弟と引き離し競りにかけ、8週で店頭に並べるそうです。
その姿はこの上もなく可愛い小さな子猫ですが、中身は猫としてちゃんと育まれていると言えるでしょうか?
ここまでの流通の段階でも、十分なケアをされずに商品として扱われ、相当数の子猫が命を落としているという問題も最近報告されたばかりです。
決してペットショップで子猫を購入された方を悪人扱いするわけではありません。普通は隠されているのですから、ペット業界の闇をご存知なかったのだろうと思います。
また、何十万か支払うことになるのでしょうから、子猫2匹一緒に迎えるという選択肢も考えにくいことでしょう。
ただ本来の子猫は、1匹でいることが望ましくないことだと、どうぞ知っていただきたく思います。
幼い子猫は、子猫2匹一緒にか、先猫さんがいるご家庭に迎えていただきたくお願いいたします。

ご希望の際には、まずはちねこカフェにて、譲渡の条件について一緒に確認する意味合いでアンケートにご記入いただきます。
問題がなければカフェなどでお見合いをしていただき、約1週間のトライアルに入ります。実際の生活を体験していただき猫も人も大丈夫、となれば正式譲渡に進みます。正式譲渡の際には、初期医療費の一部をお支払いいただいております。



きーちゃん、ゆっくんのご希望は、ホームページのフォーム、こちらのブログコメントでも受け付けております(非表示でお願いします)。
複数のボランティアさんが働いて、酷い環境から保護をされ命をつなぐことが出来た幸運なこたちです。人知れず命を落としたのでは?というきょうだいの分まで幸せになってもらいたいと願っております。
どうぞよろしくお願いいたします!


スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


最新トラックバック