ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

買ってみました~

毎日毎日寒いですね~。
でも、確実に陽は長くなってきていて、私の狭い庭の蠟梅とスノードロップはもう花を咲かせました。
一方、この後の庭の花だよりのはずのミモザは、まだ、つぼみが黄緑色の粒々のまま。
じれったい感じのこの季節。
植物や動物の静かな体内時計だけには、見えるような見えないような春が刻まれているのかな~。






我が家のびびり猫ひなたは、ブラッシングが嫌い。
春が来れば換毛の季節だというのに、ブラッシングさせてもらえないので、ウチの四隅には抜け毛のふんわりロールがくるくると転がっている状態となります・・・。
そりゃぁそんな室内は嫌ですよ。でも、嫌がる猫を櫛削るのも嫌なので、毎年、生産元のにゃんこを見て見ぬふりの放置でありました・・・。

それでも!無駄な試みだけはしてきたのですっ!
なので、我が家にはファーミネーターも、シリコンのグルーミングブラシもそろってます。
でもやっぱり、ひなたはブラッシング拒否で、いつも、ももちゃんをゴロゴロいわせてブラッシングするのみでした。
諦めればいいのだろうけれど(笑)、つい、ひなたも大丈夫なブラシはないものか?と思ってしまうのですね・・・。
だから、ちょっといいかも~と思うモノがあるとつい買ってしまうのだよっ!

今回はコレ!

DSC_0762.jpg
やすりの老舗が、猫の舌の構造からヒントを得て作ったという「ねこじゃすり」!

DSC_0763.jpg
実に細かな溝がシャープに刻まれていて、これがにゃんこの舌のザラザラ機能さながらに、抜け毛をからめとるというではありませんか!

やすりのワタオカ

DSC_0761.jpg
ももちゃんで試しずり(笑)
ももちゃんは短毛で筋肉質なので、皮膚にぴったりとブラシがあたって、それなりに抜け毛も取れました、ばんざい~。

DSC_0764.jpg
さてさてお目当てのひなた!
おおお、嫌がる感じはしないかも!こここ、これはいいかも知れないぞっ。

ただ・・・、残念ながら・・・、
ひなたは餅猫のタイプでぽよよんとしたボディーと皮膚なので、櫛の歯が・・・あんまりあたらない感じ?
・・・つまり抜け毛は取れない・・・取れなかった、残念・・・。

DSC_0765.jpg
ん~、ももちゃんでこんなくらい。
抜け毛を櫛削る目的なら、もっさもっさと抜け毛を剥ぐファーミネーターの足元にも及ばないかなぁ・・・。
でも、「嫌がらない」という点では確かにすごいっ!
ひなたをスリスリ出来るというのは、それはちょっと他のブラシではなかったことなんだから。

・・・ということで、結果良しとしよう~(苦笑)。
当分の間は、朝の腰ぱんタイムに、この「ねこじゃすり」のグルーミングタイムを組み込んで、ひなたをスリスリすることとする(笑)。



スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


最新トラックバック