FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

糸を紡ぐ

数日前から、だいごくんふしみくん、一日三回のミルクに移行しました!
今朝は、初めてトイレをケージに設置。そうしたら早速、だいごくんはトイレでおしっこ成功!素晴らしい!
そろそろ離乳食の準備も始めないといけませんね~。
二匹とも順調に、下痢一つせずすくすくと成長しています、良かった~。

で、いくばくか時間に余裕の出来たわたくし。
昨日、長沼にある菱山ファームという農園さんで催された糸紡ぎのワークショップに参加をしてきました!
ここでは、農園で栽培した綿花の糸紡ぎ体験が出来るので、いつか参加したいと前から思っていたのです。
で、こにゃんこミルクの間隔が開いたのを幸い、十時からの回に出向いてきました。

菱山ファーム、糸紡ぎ、リース作り体験
次回開催のインフォメーションです。十時と二時からの二回あります

以前、他人から「犬の毛紡げない?」と聞かれた時があって(何でも出来ると思って依頼すんナヨ~、苦笑)
自分でスピンドルを作り、(100円ショップでメイソンジャーを見たら、ん?私でも出来る・・・と思った)手持ちの羊毛を紡いでみたら、あら結構思ったよりも出来るもんだわ、となって、それならいつか犬毛も猫毛も紡げるようになりたいなぁ~と思い、綿花を紡ぐことにも興味を持ったのでした~。

で、行ってきた!
もう必死・・・・(汗)、写真の一枚も取るのを忘れるくらい必死に作業!
だから↓は自宅で撮影。

DSC_0005.jpg
上二つがメイソンジャーの蓋で作ったスピンドル。一番上は白い羊毛を紡いであります。
下二つが和綿を紡いだ状態。

DSC_0006.jpg
この和綿の真綿はアメリカのなんとか品種より、いくぶん繊維が短いとのこと。
しかも、羊毛に比べたら、真綿自体がずっと羊毛より繊維が短い。
つまり和綿を紡ぐことは、私が遊んで紡いでた羊毛よりはるかに難しい!

実際、本当に難しかった・・・。
羊毛は、繊維の長さに加えて油分があるというか、カールしていることもあるし、ちょいと撚ればまとまる実感があるのだけれど、
ところが真綿は短いうえに触感がさらっとしていて、おばさんの指先の貴重な油分を吸い取るのよっ!
しかも紡ぐ下準備作業の、真綿をフワフワにほぐす過程がしっかり出来ていないと、紡いだ糸が切れる切れる!(上の写真の真綿は、その作業前の、種を取り出しただけの状態です)
そんなこんなだったので、ワークショップの二時間、私は無駄話をする余裕もなく、必死の形相で取り組みましたとさ~。

もちっと練習を重ねてみたいな・・・・。
犬毛猫毛でもやってみたいな・・・・。(我が家の猫は、残念ながら紡ぐのには超難関の短毛)
でね、どなたか、
亡くなってしまった犬、猫の貴重な毛ではなく、失敗するかも知れないので、ご存命の犬、猫の毛で、私ごときが練習用に紡ぐのに提供してもいいという方はいらっしゃいませんか?
もちろん、紡ぐことが出来ても出来なくても犬毛猫毛は返却いたします。あと、紡ぐのが難しいときは、多少羊毛を混ぜるのでそのご了承をお願いいたしますが・・・。

ご協力いただけるようでしたら嬉しいな~。
あ・・・、あといつ作業出来るかは予定が立ちません(笑)。
そして、制作の依頼ではなく修行の手助けと理解してもらえると幸いです~。
よろしくお願いいたします~。


スポンサーサイト


  1. 2018.08.14 (火) 13:40
  2. URL
  3. 茶太郎まま
  4. [ edit ]

こんにちは。

はちねこ様より譲渡していただき、猫ちゃんを家族に迎えたものです。

猫毛、短毛ですが少しためてるのがあります。
羊毛フェルトみたいに細工しようと思って貯めたのですが、あまりうまくいかなくて。
アレを毛糸みたいにするなんて、至難の技かと思いますが…。

ちなみに茶白の猫なので、集めた毛はベージュ色、でも正直あまり綺麗な色ではありません。。。
  1. 2018.08.14 (火) 15:40
  2. URL
  3. ももひなかーさん
  4. [ edit ]

Re: タイトルなし

茶太郎ままさん、コメントをありがとうございます!

我が家の二匹も短毛キジ白で、正直集めても鼠色の綿埃なんです(泣)
それでも、カラーの羊毛と混ぜて、刺し付けフェルトにしてみたりして
何とか作品っぽくはなるんですけどね・・・。
でも残念ながらやっぱり毛糸に紡ぐのには困難です・・・。
しかも毛が撚りきれなくて、ピンピンはみ出しちゃう糸になり、抜けやすいんです。
だから糸にしても、それで何か編むのは向かないですね。

以前ははちねこで、猫毛フェルトの指人形や刺し付けフェルトのワークショップを開催したのですが(短毛でも可能なんですよ)
もう忙しくて出来そうにありません~。
ただ、作品にしたいというご興味があれば、刺し付けフェルトくらいなら、お教えするお時間を取りましょうか?
少量の猫毛でも可能ですよ~。

  1. 2018.08.15 (水) 07:27
  2. URL
  3. 茶太郎まま
  4. [ edit ]

さしつけフェルト

教えていただけるなら、とても嬉しいです〜、が、お忙しいのにお時間取るのも申し訳ないので、こちらのブログででも作り方の詳細を記事にしていただけたら、あるいははちねこ様のサイトでトピックにしていただけたら、参考にいたします。

猫毛100%にこだわらなければ、いいものもできますよね!💡その考えがありませんでした。

全く急ぎませんので、いつの日にかよろしくお願いいたします。参考になるネット記事の紹介でもかまいません。

ありがとうございました。
  1. 2018.08.15 (水) 13:35
  2. URL
  3. ももひなかーさん
  4. [ edit ]

Re: さしつけフェルト

コメントありがとうございます~。

手芸の手技を文章にするのはなかなか難しいですね、汗・・・。
残念ながら詳細を記事にするのは、すんごく時間がかかりそうです(笑)
↓こんなもんでいかがでしょうか?

簡単にいうと、猫毛と羊毛を1:2ぐらいでカーダーなどで均等に混ぜます。
刺しマットの上に、絵柄の枠を付けたフェルトを置き、垂直に針を刺して混毛をフェルトに刺し付けていきます。
枠のきわが難しいので、仕上げに枠を外したらそのきわのラインだけ、ぐるっと再び刺し付けます。
柄によっては刺繍糸で線を補う感じです。
http://nekohananekohana.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
20150227の記事です、参照にどうぞ!


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


最新トラックバック