1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

解剖学

本日のにゃんこ達

ももひなごろり

めいてらごろり
昨日今日と、風が吹いているので気持ちよくお昼ねしてます。




昔々、私が美大生だったとき、授業に「解剖学」があった。
今も昔も、積極的に「解剖学」を学ぼうとは思ってはいないので、多分必修科目だったのだと思う。
もちろん、その授業は衝撃的だった。
当然、実際の解剖が行われるわけではなくて、解剖の手順のスライド写真を何枚か見る内容の授業ではあったが、
18歳(くらい)の小娘、小僧達の反応は言うに及ばず。
そりゃぁそうだ・・・。
カシャ、カシャ、とスライドが変わると、皮膚が無くなり、脂肪が無くなり、筋肉になり、骨になっていく。
その都度、悲鳴があがる・・・。
そして終いに、講師の先生は言い放った。
「これは学問です。ギャーギャー言う人は、単位はあげるから教室から出ていきなさい!」
そういうわけで、18の私は心の中で、ひぇぇぇ~と叫びながら堪えていたのであった。

私は小学生だかの頃の、カエルだかフナだかの解剖にも、頑として拒否をして授業に参加しなかった記憶がある。
その私が、何の因果か、どなたかの貴重な献体の解剖デビューをしてしまったのである。(スライドだけど)
もう30年近い前の記憶ではあるけれど、忘れはしないし、それと同時に「きちんと学問として受け止められなくて申し訳ありません」という献体者さんへの詫びの気持ちも残っているのであった。



佐世保の痛ましい事件の加害者を思うに、
小学生のときから問題行動があったと報道で聞く。
小学生の頃の問題露出ならば、その形成はものごころついた頃からであろうと思う。
気質か環境かを分析する材料は報道されていないので推測をしてはならないだろう。
少年犯罪に詳しい心理技官の鑑別がこれから行われるだろうから、その哀しい結果通知を待つより他ない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR