0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

里親さん報告

今年の春生まれた子猫たちが、そろそろ避妊去勢手術を迎える頃になりました。
我が家で預かりをしたこたちも、ずいぶん大きくなっていることでしょう。
そんなふうに思っていたら、ぴったりのタイミングで里親さんから近況を知らせてくれるメールが届きました。

保健所引出しの三匹のうちの一匹、仮名とっとちゃんです。

とっとちゃんSBSH1026s

今は、夢叶ちゃん。こんなに大きくなりましたよ~。

DSC_0669.jpg

webs成長ゆめか

webs成長ゆめか2

この里親さんのお家の先猫ちゃんは、白三毛の胡桃ちゃん。
実は、我が家の保護猫第一号にゃんこなのです。
娘が「駐車場で鳴いていた」と抱っこして捕獲、一か月の家猫訓練を経て里親募集をした思い出深いにゃんこです。
その妹にゃんことして譲渡になった夢叶ちゃんは、パワフルで屈託のないとびきり可愛い仔でした。
相変わらずの事件で賑やかなようで・・・(汗)

実は8/20頃、夢叶が猫オモチャに付いていた長い紐を食べちゃったようなんですね。これは私の不注意でした(T-T)
翌日吐いた中にあって、ビックリしたのですが、食道や胃が荒れてしまったようで、吐くのが止まらなくなり(一日に何度も吐く)、飲食しなくなってしまったから、病院に連れていき、レントゲンとバリウム検査を頼みました…。バリウムは1日がかりで早朝から夜までかかるということで、早朝病院に連れて行くなら、仔猫(2,2kg)だったので急変とか夜のことも心配で、夢叶に病院に泊まってもらいました(汗)
夢叶は、幸い内臓に異常はなく、ほかの異物もなく、バリウム検査でも看護士さんや獣医さんに触られるたびにゴロゴロ言ってたらしく、また入院なのに、ペットホテル並みにリラックスしてたみたいで、動物病院で大人気仔猫になってました(笑)
(先生も夢叶を抱くと嬉しそうで笑えました。)
それでもしばらく飲食できず、すると吐いてしまうクセがついたりで、お薬を与えたり柔らかフードにしたりしながら、1週間以上かかって治りました(^_^;)


おお騒がせだけど可愛すぎて憎めない~。
そうそう、そんな仔でした(笑)。
この先、避妊手術の入院でもハプニングがありそうですねぇ~、里親様、よろしくお願いいたします。

譲渡になった保護猫たちの幸せな報告をいただくと本当にうれしくなります。
私たちはちねこスタッフにとって、預かりをさせていただいたにゃんこは、一匹たりとて忘れられない存在です。
いつまでもいつまでも「どうしてるかなぁ」と、時には思い出します。
なので、こうやって近況をお知らせいただくと本当にうれしいのです。
ありがとうございます。
どうか、ご負担のない程度で、またお便りくださいね、待ってます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR