091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

一足先に

負けられない戦いには敗れました。
こにゃんこ達、離乳食食べてくれません・・・。
AD缶が嫌いなタイプのこもいるので、子猫パウチもあげてみましたが、まるでダメ。
とりあえず、六つもあるお口に、食べるなとか食べてとかコントロールするのは到底無理なので、一時諦めることとしました。
嫌って言うほど飽きるほど、ミルクを飲んでいただきましょう~。
ミルクは哺乳瓶の目盛いっぱいいっぱい。
普通には作れないので、お湯を量った後、マグカップに移して、空にした哺乳瓶に粉を入れてからお湯を戻して溶きます。
まぁ、五週に入れば食べ始めるかしらね・・・。


離乳食は渋っているけれど、それでもあと預かり期間がわずかであることは確かです。
かわいいこにゃんこ達との別れが寂しくないわけありません。
でもね、何回か別れを繰り返してきたら、少し自分の気持ちをコントロールする方法を見出しました。
それは、こんな話を思い出し、嚙みしめること・・・。

芸術療法のスクーリングに出席していたとき、先生が講義の中で話してくれた話です。
「心理士の仕事とは、トイレットペーパーみたいなものです。汚いものを拭って、ジャーと流されて、きれいさっぱり忘れられてしまうのがいい仕事です。ちょっとはかないですねぇ。でも、忘れ去ってもらえない心理士は悪い介入をしている証拠です。皆さん、諦めてジャーっと流されてください。」


どうか、こにゃんこ達が、素敵な里親さんとお家を見つけて幸せな家猫生活をおくれますように。
小さな小さな背中を撫でていると、じわりと熱いものがこみ上げてくるけれど
それが私の喜びです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももひなかーさん

Author:ももひなかーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR