ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

羽生くんの物語

羽生くんは四年前の二月、ソチオリンピックの興奮のさなかに保護されたこでした。

迷子猫?一時預かりさん募集します

首からメダルを下げていたので、保護の仮名は羽生くん、となりました。
当初は三、四歳くらいかな?と思われていましたが、よくよく調べてみるとけっこう歳かもね?ということでした。
子猫があまりいない季節のはちねこカフェで、気のいいオヤジネコ羽生くんは、お客さんやスタッフ達にとても可愛がられました。
ただ、ウイルスチェックでFIV陽性が出たこともあり、なかなか里親さんは決まりませんでした。(もちろん、FIV陽性でもご希望する里親さんはいらっしゃいます)

春が訪れ、譲渡会のはちねこカフェのケージは子猫でいっぱいになり、羽生くんはてんてん家で、のんびり「果報は寝て待て」モードの生活になっていきました。
時たま、私がてんてん家を訪れると、羽生くんは玄関先まで出てきて「にゃごにゃご」話しかけてくれました~。
「ちょっと~、羽生くんまた太ったんじゃない?」「えー、そんなことないよ」
そんな私たちの会話の傍らで、羽生くんは「にゃごにゃご」、やっぱり気のいいオヤジネコでした。

そんな羽生くんが痩せて弱ってきたのはいつからのことだったのでしょうか。
「でも羽生くん、ちゃんと食べるんだよ、栄養になって身について太りはしないんだけど、ちゃんと食べるから」と、聞いたのは先月のにゃんにゃんにゃんの日でした。
「いつ死んじゃうかしら、と毎日毎日心配したんだけど、ちゃんと食べて頑張っているんだよ~」

それからも頑張り続けた羽生くん、とうとうとうとうお迎えが来たのでした。






私はなぜだか、たくさんいる保護猫の中でもとりわけ羽生くんが好きでした。
羽生くん死去のメールをもらってからは、なぜなんだろうどうしてなんだろうと、とても気になりました。
私が預かりをして育てたこでもないのにね・・・。
数日、はて、と考え続けて、そしてあることに思い当たりました。
それはとても昔のことです。

私は幼い頃、団地住まいだったので規約により犬猫を飼ってもらうことは出来ませんでした。
実は私は猫が欲しかったのです。
よく遊びに行く親戚のお家にいる猫のような、ちゃとらの猫が。
大好きなマンガの「にゃんころりん」のような、ちゃとらの猫が。
ムツゴロウさんの映画のチャトランのような、ちゃとらの猫が。
幼い私の心の中に住む猫は、なんと、ちゃとらのこだったのですね・・・。

よく、はちねこに新しい保護猫が来て、「預かり、何色のこがいい?」なんて聞かれると
私は「何色でもいいよ」と答えるくせに、心の中で「ちゃとらのこは来ないのかなぁ・・・」と少し未練の気持ちが湧くのはそんなわけだったのですね・・・。
自分でも理由がわからないでいたのに、理由がわかってびっくりです。
だから、私は羽生くんが気になって好きだったのだと思います。






まだ羽生くんが元気だった頃、羽生くんに一人の訪問客がありました。
大学生の女の子です。
彼女は張られていた羽生くんのポスターを見ていて、長く悩んでいた、と話し泣いたそうです。
大学を卒業する時に、故郷に羽生くんを連れて帰りたい、とも話したそうなのですが、何分、そのご実家が遠く、またご実家の許可も確定したものでなかったので、「話をつめて、またいらしてください」と伝えたそうです。
その後、
私が知っている限りでは、
彼女についての続報はありません・・・。

猫を飼うことは命を預かること。
そのことを、学生さんもわからないでいたわけではないでしょう。
でもその時の学生さんに、命を預かる覚悟と行動力はなかったのでしょうね・・・。
愚かなことです。
愚かであっても、きっと羽生くんはその学生さんが好きだったのでしょうし、また学生さんも羽生くんを好きだったことでしょう。

彼女がこの先の人生で、生涯の伴侶や自分の子どもを持つとき、
羽生くんの教訓から、命に責任を持つことが本当の愛だと学んで欲しいものです。
たとえ若いときに愚かな失敗があっても、人は勇気を持ち臨めば変わることが可能です。






成猫の保護猫さんは、はちねこにたどり着く前に、みんなそれぞれの物語を持っています。
その物語をも引き受け慈しんでくれる里親さんに出会って幸せに暮らすこもたくさんいます。
羽生くんはトライアルに出ることもなかったけれど、それでも羽生くんが抱えていた物語を凌駕するほどの愛情は注がれていたと思います。
羽生くんを最後までお世話し看取ってくれたのは、てんてんさんです。
もしかしたら、「えー、愛情なんてないよ、仕方がないもん」と、てんてんさんはうそぶくかも知れませんが、羽生くんのほうはきっと素直に気持ちを伝えてくれたことでしょう。
気のいいオヤジネコですからね。

お世話をしてくれてありがとう。
最後までありがとう。




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

自分に効用

忙しいのについつい編み物をしてしまう・・・、他にやらなければならないことはあるんだけどね。
つまり、きっとこれは自分の精神安定のために手を動かしているんだと思う・・・。

先日話題になった編み物↓
フィンランドチーム

とまぁ、何かにかこつけて私は編む。
何を?何だかよくわかんないものを(笑)。



最初はこんな感じで思案にくれて・・・、
手法は布の裂き編みです。
DSC_0768.jpg


いやね、ウチのももひなにゃんこ、狭いの大好き。
旧メーメーくん、旧まりかちゃん、子猫二匹のために購入したちっこいドーム型ベッドに詰まる詰まる~。
無理だってのに(笑)。
ちなみに、ひなの顔の上にあるつま先白靴下の足二本がももちゃん。四本揃えてはみ出しているのがひなの手足。
DSC_0705.jpg


そんなに詰まりたいのなら・・・と思い、
ほら、フェルトで出来た卵型の猫ベッドってあるじゃない?よく通販広告で見かけるお値段の張るヤツ~!
あんなの作れないかなぁ・・・と思って、
編んだら結構張りが出て形崩れしなさそうな裂き編みで、ちょっくら試しに編んでみた!
そしたら、まぁ編んでる途中から猫は気に入って中に入ってくれるんだけど、やっぱり全体的に型崩れしてしまうのよ・・・。
で、ピコーンと
上部からの編み始めで、針金の輪っかを芯にして出入口にしたら・・・と思いつき、
100円ショップに行って、朝顔の支柱を買ってきた!


一番小さい輪っかを外して、熱収縮チューブでつないで編み込みスタート。
DSC_0772.jpg


途中、中腹部分にも、「テクノロート」というプラスチックで出来た針金みたいなのを編み込んで形を補強・・・
出来た!
DSC_0781.jpg


アンモニャイト状態だとこんな感じに詰まります~。
DSC_0787.jpg



ええと・・・、
猫グッズとしての需要はありますかね?
せっかく苦労してあれこれ編み方を考えたのでこれ一個で制作終わりは悲しいんだけど・・・。
だけど、
いやもう、我が家には裂ける布がこれ以上ないんですけどね・・・。



  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

はちねこカレンダー、出荷です!

本日、にゃんにゃんにゃんの日、高尾在住の方々が「市内」と呼ぶ八王子駅近の某所にて、はちねこカレンダーの組み立て作業が行われました!
今まで、カフェの狭ーーいスペースで、ケージの上とかのスペースも使ってなんとか組作業をしていましたが、多分「狭い!次回は広い場所を借りよう!」ってなった模様(笑)、三度目にして経験値があがったのね~(笑)。
そういうわけで、広い場所と、けっこうたくさんのスタッフが揃い、組み立て作業はさくさくと始まりました~。


DSC_0775.jpg
続き日でカードを並べて並べて~

DSC_0774.jpg
テーブル二つに分かれて、一枚一枚カードをピックアップ~

DSC_0776.jpg
プラスチックケースに収めていきます~
でもこれで実は半分の作業、残り半分のカードも一枚一枚ピックアップしてまとめて袋詰めです。
で、完成~。
ごめん、私は早退させてもらったから完成品の画像はないけども(笑)。




この週末の土日から、はちねこカフェにて、カレンダー販売開始でーーす!
今年のデザインはとってもスタイリッシュで色のセンスも良くって私好み!(いやまぁ・・・、じゃ昨年のは?とか聞かないで。あえてっ、比べればっ、だからっ、笑)
ぜひぜひ、カードをめくるのに便利な木製カレンダースタンドとともにお買い求めくださいね!


DSC_0755.jpg
色は茶(真ん中)と黒(右端)の二色があります。けっこう印象が違うので良かったら実物を見てお選び下さいね~。



写真コンテストの結果発表の記事もどーぞ!
はちねこ!カレンダー写真コンテスト発表
郵送をご希望の方は詳細もこちらでご覧になれますよ~。




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

お待たせいたしました!

さてさてさて、はちねこカレンダー2018がいよいよ発売になりますよ~。
只今、印刷所に発注済みで入荷待ちでございます!
2月中に発売出来ることは確か(笑)、この後随時、発売情報が更新されると思いますので、続報をお待ちくださいね!


今週moはちねこ!2017PRのコピー
ぐふふ、我が家のももひなにゃんこも宣伝に一役買ってます~。(右端中央、オレンジの10/11のページに掲載)


ポストカード2o
そしておまけのポストカードはこれ。
譲渡会でのひとこま、って感じの編集でしょうか。
みんな、元気に幸せに暮らしているかな~。


DSC_0755.jpg
でね、今年のバージョンにはご要望のあった木製のカレンダースタンドが合わせて発売になります!

このカレンダースタンド、従来のプラスチックケースが一年の途中で破損してクリップで挟んであったり、プラケースに入らない半分のカードが紛失して半年分だけの使用だったり・・・の現状報告を受け!、「一年分のカードをまとめて置けて、なおかつカードの入れ替え作業が楽で、インテリアとして安っぽく思われない素材のスタンドが欲しい」とのご要望から制作となりました~。


DSC_0723.jpg
ええ~ホント、こんな感じで、ももひな家の家内制手工業にて制作されました!(左、ももひなとーさん&右、息子)
お安い木材を手作業で制作なので、若干のひびや欠けなんかも、どうしてもあったりするのですが、そこは皆様の、広く温かい目でご容赦いただけると幸いです~、よろしくお願いいたします!

でも、だから格安販売よっ!
ひとつ500円で茶と黒の二種類あります。74台売り切りですので、どうぞお買い求めはお早めに!




こちらは販売中!
第3弾 はちねこ手ぬぐい販売開始(郵送も)
この春らしい二色の他に、前回大好評だった紺色も再入荷いたしましたよ~、お買いそびれの方は是非!



  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

買ってみました~

毎日毎日寒いですね~。
でも、確実に陽は長くなってきていて、私の狭い庭の蠟梅とスノードロップはもう花を咲かせました。
一方、この後の庭の花だよりのはずのミモザは、まだ、つぼみが黄緑色の粒々のまま。
じれったい感じのこの季節。
植物や動物の静かな体内時計だけには、見えるような見えないような春が刻まれているのかな~。






我が家のびびり猫ひなたは、ブラッシングが嫌い。
春が来れば換毛の季節だというのに、ブラッシングさせてもらえないので、ウチの四隅には抜け毛のふんわりロールがくるくると転がっている状態となります・・・。
そりゃぁそんな室内は嫌ですよ。でも、嫌がる猫を櫛削るのも嫌なので、毎年、生産元のにゃんこを見て見ぬふりの放置でありました・・・。

それでも!無駄な試みだけはしてきたのですっ!
なので、我が家にはファーミネーターも、シリコンのグルーミングブラシもそろってます。
でもやっぱり、ひなたはブラッシング拒否で、いつも、ももちゃんをゴロゴロいわせてブラッシングするのみでした。
諦めればいいのだろうけれど(笑)、つい、ひなたも大丈夫なブラシはないものか?と思ってしまうのですね・・・。
だから、ちょっといいかも~と思うモノがあるとつい買ってしまうのだよっ!

今回はコレ!

DSC_0762.jpg
やすりの老舗が、猫の舌の構造からヒントを得て作ったという「ねこじゃすり」!

DSC_0763.jpg
実に細かな溝がシャープに刻まれていて、これがにゃんこの舌のザラザラ機能さながらに、抜け毛をからめとるというではありませんか!

やすりのワタオカ

DSC_0761.jpg
ももちゃんで試しずり(笑)
ももちゃんは短毛で筋肉質なので、皮膚にぴったりとブラシがあたって、それなりに抜け毛も取れました、ばんざい~。

DSC_0764.jpg
さてさてお目当てのひなた!
おおお、嫌がる感じはしないかも!こここ、これはいいかも知れないぞっ。

ただ・・・、残念ながら・・・、
ひなたは餅猫のタイプでぽよよんとしたボディーと皮膚なので、櫛の歯が・・・あんまりあたらない感じ?
・・・つまり抜け毛は取れない・・・取れなかった、残念・・・。

DSC_0765.jpg
ん~、ももちゃんでこんなくらい。
抜け毛を櫛削る目的なら、もっさもっさと抜け毛を剥ぐファーミネーターの足元にも及ばないかなぁ・・・。
でも、「嫌がらない」という点では確かにすごいっ!
ひなたをスリスリ出来るというのは、それはちょっと他のブラシではなかったことなんだから。

・・・ということで、結果良しとしよう~(苦笑)。
当分の間は、朝の腰ぱんタイムに、この「ねこじゃすり」のグルーミングタイムを組み込んで、ひなたをスリスリすることとする(笑)。






<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

最新トラックバック