FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

一応、猫ブログ

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

春なので

お外で暮らす猫が出産する時期となりました。
そうやって生れてきた子猫の5、60%が、何か月間しかない子猫の時期に命を落とします。
どんな生き物にとっても乳幼児期が最も生存率が厳しいことは、アタマではわかってはいますが切ないことです。




哺乳類は太古の昔から、少しの数の子を産み丁寧に世話をしてより確かに育てるという生存戦略を取りました。
その戦略の副産物として、母子は強い愛情の絆を得ました。
なので、子育ての途中で子の命を失うと、イルカやチンパンジーなどでその姿が確認されていますが、母親は受け止めきれない納得できないという行動を見せることが知られています。

沢山産んで沢山死ぬもの、それが生き物の当たり前、と思わないで欲しい。
大きな命の循環の摂理と、目の前の個々の命とを同列に話すのは筋違いです。
私は、母猫も一つの命に対する愛情を持つ生き物だと感じています。



DSC_0250.jpg

DSC_0244.jpg



スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

最新トラックバック