FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

きーちゃんトライアル!

昨日より、きーちゃんトライアルに出発しました~。
はちねこ出身の先猫さんがいるご家庭です。
なかなか以前のトライアルではぴったりの相性が合わなくて、きーちゃんが三度目の正直、トライアルになる猫さんですが
昨日の様子では、まずまず興味を持って、きーちゃんに接近してくれているようでした!
というわけで、二匹ともうまく仲良くなれるよう頑張れ、頑張れ~!
里親さんが、ゆっくりゆっくり配慮して対応してくれているので、きっと今度はうまくいくことでしょう(願望)‼


独り残ったゆっくんは午後からの譲渡会に行きましたが、残念ながらこの日はご希望さんは来場せず、のひっそり開催でした。
お盆の連休中もあんまりご希望さんはいなくて、やっぱり夏休みは苦戦するのかな~。
やんちゃでかわいい、ゆっくん。
お相手をしてくれる先猫さんがいる家庭、もしくは子猫二匹でのご希望を、ぜひぜひお待ちしております~。

DSC_0513.jpg
ゆっくん、大人猫とも仲良く出来ます~

DSC_0527.jpg
コツメカワウソ疑惑に加えて、ノウサギ疑惑も(笑)
耳を長くして、しっぽをぼんぼりに短くしたら・・・・もうウサギにしか見えない





さてさて話題は変わりますが、昨日、里親さんから「簡単システムトイレ」の作り方を訊ねられたので(?)、そのやり方をば公開いたします~(そんな大げさなものじゃないけど、笑)

まずは、同じ大きさの100均かごを一組用意します。
ポイントは、底面がすのこ状になっているものであること、です。

DSC_0540.jpg
我が家では、インするケージの大きさに合わせて三種類の大きさを用意してあります~。小はレギュラーサイズのペットシーツがぴったりサイズ、大はワイドサイズのペットシーツがぴったり。
そして、2、3組用意してあります。これは、子猫の下痢気味うんちが底面のすのこに入り込んでしまったときに素早く交換して丸洗い出来るよう対応しているからです。※子猫の下痢は寄生虫の被害を伝染させてしまうので、即対応してすっかりキレイにしてしまいたい、そのために複数用意

DSC_0541.jpg
まず、広げたペットシーツの真ん中に100均かごを置きます。そして、ペットシーツとかごを一緒に持ってもう一つのかごにすっぽり被せます。

DSC_0542.jpg
この中に、システムトイレ用のチップを入れます。ケージの柵に取り外し可能な結束バンドで止めてひっくり返しを防止します。

DSC_0543.jpg
こちらがワイドサイズ。大人猫でも使える大きさで、しかも高さは無理せず踏み込める高さ。老猫さんや病気の猫さんにまたぐ負担がかかりません。



トイレの問題って色々ですが、我が家の場合は、預かり子猫では「頻繁な下痢に対処」問題、飼い猫のひなたくんでは「しっことうんちは別にしたい、しかもフード付きトイレで入り口に足を乗っけて砂に触らずにしたい」こだわり、ですかね・・・。
ちなみに、もう一匹の飼い猫ももちゃんのトイレのこだわりは、すっぽりトイレに入って奥ですること、その後フードをガッガッ、ガッガッと叩くこと(笑)。

スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


最新トラックバック