FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

一応、猫ブログ

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

記事の紹介とハッピークリスマス

ペットになった元実験犬「しょうゆ」 獣医大生が譲渡願い出る




保護猫の活動をするうえでいつもお世話になるのが獣医さん。
いつもの「猫小児科」の動物病院さんでも、毎日、何人もの獣医さん、動物看護士さんが入れ替わり立ち代わり、たくさんの、地域の猫たちのために働いてくれています。
何年も何年も病院に通っていると、私達ボランティアと獣医さん動物看護士さんたちとの間にも様々な関係が出来上がります。

私はもう立派なおばさんですが、この病院で情けないほど大泣きしてしまったこともありました・・・。
急性腎不全のような状態でかけこんだメジロちゃんの診察で、「ネフローゼであった場合、治ることはない」と獣医さんから説明されて、診察台の上でぐったりと横倒しの状態で頭も起こせないメジロちゃんを撫でたら、泣けて泣けて、私の大泣きを心配した隣の診察室からも獣医さんが出てきてみてくれたこともありました。
入院のメジロちゃんが心配で、毎日面会に通った私の持参したおもちゃの編み玉を、動物看護士さんは小さなケージ内につるしてくれて、メジロちゃんは点滴の管がついた手で遊んでいましたね。
幸い、メジロちゃんは駆虫の投薬の影響が強く出てそのような状態になっていたようで、数日、点滴を続けた結果、無事回復することが出来ました。
退院出来るメジロちゃんを抱いて病院を出るときに、受付で、「良かったですね」と、声をかけていただいてその一言がどんなに嬉しかったことか。

ちっぽけな命に代わって、私からお礼申し上げます、本当にありがとう!






さて、今日はクリスマスイブ。
皆様にも元保護猫さんのまったりな幸せをお裾分けです~。




スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


最新トラックバック