FC2ブログ

ねこと話し~ねこの話

保護猫活動をしてみて思うこと考えること

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

新しくなりました

はちねこのホームページが新しくなりました。

Hachineko はちねこの活動

物事、最初からびちっとかちっとはいきません~。
ホームページも「ホームページが欲しいよね~」の当初から、使っていくうちに色々な変更を要する点が出てきて
それで、この度の刷新となりました。
とにかく世の中はネット社会で、来場者さんアンケートの「どのようにして当会を知りましたか?」欄は、そのほとんどがネット検索という回答です。
ですので、ホームページの整備、管理はとても大切な事柄です。
旧ホームページの担当さんも頑張って更新してくれましたが、新ホームページの担当さんも、バリバリ更新してくれています!
どうぞ皆様、新しいホームページも引き続きよろしくお願いいたしますね~。




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

春が過ぎ~秋が来て~

古本まつりです!
もう何回、古本まつりの記事をここで書いたもんか・・・。
え~そういう訳で、いつもの通りです(笑)!

八王子古本まつり「染める」

そして私はいつもの通り、じゃらし棒制作の内職に追われています~。
はたして開催初日に間に合うかしら・・・、焦りまくりです・・・。

そしてもう一つお知らせ!
春スタートのはちねこカレンダー、皆様のおうちのにゃんこ写真の応募が始まりましたよ~。
奮ってご応募くださいね。

2019はちねこカレンダー





お知らせばかりでは何なんで・・・。

先日、娘(にんげんの)からスンゴクつまらない恋愛相談をされて、「知るか」っちゅう気持ちになり、自分で自分の分析をしてちょーだい、ってことで、こちらを紹介しました。

m-gram 超精密な性格診断、自分を構成する8性格をエムグラムで診断

心理の現場で臨床的に使うパーソナルテストに、いくつかあるのだけれど、新版TEGというのがあって、これはけっこう結果がハード(大汗)。分析するのにも専門的知識がいるし・・・。
んで、新版TEGのように、わりと学術的で信頼度の高い、それでいて解りやすい結果が得られるパーソナルテストという需要と、ネット社会のお手軽な需要とがマッチして作られたのが(多分、笑)、このようなm-gram。
しかも、一つ前のバージョンがリニューアルしたらしく、今度はネットサービスが充実してた!
なんと、メールで毎日一つずつ構成要素の解説が届く、無料で!(ま、さわりがね。もっと詳しく知りたい方は有料へ、という形態)

娘の分析結果は知らんのだけれど、自分の分析結果は、よくよくわかる結果が出ましたね~。
8つの構成要素のうち、ああああそうなんですよ、わかってますよ、重々承知、っていうのがほとんどなんだけれど、けっこう意外な要素が2つほどありました~。
それを読んでみて、わかるようなわからないような。
・・・・でも、人って変化していくもんなんだろうな・・・・とそれなりに発見してみたり。

そういえば、大昔、中学生くらいだった時かしら?何の授業かわからないけれど、質問紙法のパーソナルテスト風のものをやった記憶があり、分析結果の棒グラフパターンがいくつかあって、私の棒グラフは「芥川龍之介タイプ」似でした・・・。
で、こっから先が問題の記憶なんだけど(笑)、その当時はプライバシー保護なんて考え方はないから、各パターンの当てはまる人って挙手をさせていて(汗)、「芥川龍之介タイプ」はクラスに二人、男の子が一人、女の子が私一人。
クラスの生徒に「ああ~~~」って納得ムードの声が響き、ムッとした記憶がありました。(今なら笑えるけどね)

「芥川龍之介タイプ」から始まって、まだまだ私は変化しているのかね?
まぁなんというか・・・、どこにいくのかね?
人っていくつになったら固まるもんなんかね?



秋だし、
色々思いこんでるかも知れない自分を離して、
うーむ、と分析するのも、いいかもよ。



  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

展望として

だいごくん、ウィルスチェックの再検査の結果が届きました。
猫エイズは陰転しましたが猫白血病のほうは陰転しませんでした。

猫白血病は発症したら、パルボやFIPと並んで、致死率の高い病気です。
乳幼児期の感染の場合、3才までに90%が亡くなるといわれています。
現在、治療といえるような治療法はなく、インターフェロンの投与でウィルスの増殖抑制をし、自己免疫力をあげることが、対処として行われていることの全てです。

だいごも、インターフェロンの投与を開始しました。
土曜日に注射、それ以降は毎日、1、2滴のインターフェロン水溶液の口腔投与となります。
ある程度の期間を経てもう一度注射、再々検査、その後は、治療計画の見直しを検討する、というのが展望です。
もしかしたら万が一に陰転する可能性も、希望として展望に含めてはいますが、基本的には発症を抑える遅らせるというのが方針のようです。

猫白血病は他の猫に感染させてしまう危険性があるウィルス性の病気なので(むやみやたらに感染するものではありませんが)、だいごのキャリアが簡易判定で出てからは、ふしみとはすぐに隔離、ふしみのウィルスチェック終了後は移動となりましたが、今度は我が家が飼い猫との隔離が容易ではない住宅のため、だいご自身が移動となります。

私が出来ることは何だろう?

インターフェロン代を稼ぐことかしら・・・(苦笑)

私自身が今、体調を崩しているので出来ることもあれば出来ないこともある。

仕方のない話、仕方のない話、そう呟いて、出来ることを探していこう。




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

モノトーンセブンのチョコちゃんミントくんご紹介!&お知らせ

前記事でご紹介のモノトーンセブンの預かりっこ、黒猫の女の子チョコちゃんと白猫の男の子ミントくんが、一回目のワクチン接種を終えて、いよいよ譲渡会デビューとなりますよ~。
預かりさんをして頂いた、てんくんうにくんの里親さんからお写真が届いています、ご紹介しますね!



20180828155227.jpg

20180828155335.jpg
丸顔のチョコちゃん。少し慎重なところもあるようですが、人は大好き。しばらくしたら膝に乗ってゴロゴロだそうです。
ま、女の子は頭がいいからね、観察する?タイムラグがあるのかも~(笑)。
写真ではカメラ目線バッチリだから、人への信頼度は高いのではないかしら、大丈夫そうです!


20180828155131.jpg

20180828155028.jpg
涼しい瞳のミントくん。好奇心旺盛の甘えん坊だそうです。ごろごろすりすりだとか!
しかも何といっても生まれつきのイケメンにゃんこ、ひとめぼれのご希望が重なりそうですね~(汗)。


ご希望に関して、基本的に順番にお話しをお伺いいたしますが、トライアルは先着ではありません。
理由といたしましては、このこたちはホントにごく小さい子猫ですので、この後の成長のことを考慮すると、生育環境がとても大切だからです。ある程度ですが、検討をさせていただきたく思います。
留守番時間が少なく、すぐ通院が可能であることが、子猫のご希望に際しての必須条件です。
そのうえで子猫二匹でのご希望、関係性の持てる先猫さんがいるお家などを優先とさせてください。ご了承いただければ幸いです。


20180828155431.jpg
二匹はとっても仲良し~。
まるでピアノの鍵盤のようですね!
チョコ、ミントの見る夢は、きっと軽快なピアノの伴奏付きじゃないかしら~。

20180828155407.jpg
夏休みのお姉ちゃんたちに、うんと、うんと、可愛がっていただきました。
子猫たちとっては、さぞかし、楽しい楽しい時間だったことでしょう。
素晴らしい預かりデビューのお仕事をしていただき、誠にありがとうございました、感謝いたします。





すんごいニュースを一つ!

なんと、ふしみの耳が立ってきましたっ!
もう、「立った立った、クララがたったーーーー!」の興奮状態ですよっ、アナタ!(ちなみにハイジね~)
おぼつか無かったふしみの足が、だんだんしっかりとするにつれ、なんと耳も同様に立ち上がったのですよ!

こんなことが起こるなんて思ってもみませんでした・・・。(二度と折れてきませんように・・・)
・・・こ、これは、もしかして・・・、ぞっちさんの溢れる能天気オーラがふしみに届いたんじゃぁなかろうか(笑)。






  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

スーパー能天気ボランティア!

ふしみくん、現在約生後五週目になるところですが、三週目の半ばに「あれ?」と気づくことがあり・・・。
もしかして耳、折れてきているかも・・・。いわゆるスコ耳・・・。

スコティッシュフォールドの折れ耳って、生後三週目くらいから折れ始めるって知っていますか?
以前、お世話したキジキジカルテットのうちの一匹、つねくんがそうでした・・・。

つねくんの折れ耳

後ろから見ると耳の根元が折りたたまれてきて、それで耳がペコっと折れてくるのです・・・。
そしてやっぱり、ふしみくんもつねくん同様、おとなしく足が弱くて、そのおぼつかなさに少し心配をし始めたところでした。

リンク記事にも紹介をしていますが、スコティッシュフォールドの折れた耳の特徴は軟骨形成不全の性質からくるもので、他の部位の軟骨、つまり手足の軟骨にも特徴が及ぶことがあります。
手足の軟骨に異常があれば歩行に困難さを生じることもあるのです。
そういうわけで、私は預かり子猫の耳が折れてくることを喜びません・・・。

ふしみくんの今後がどうなるのかはわかりません。
ただ、ここ数日は、少し足がしっかり立ってきたのでは?と思える瞬間もあり、また折れ耳も、つねくんの状態よりは折れてはいないように見えて、また現在、つねくんは理解あるお家で幸せな家猫として暮らしているのだから、ふしみくんも大きくなってきっときっと幸せをつかむ、と信じています~。

動画は8月13日に撮影。だいごくん、生後5週半くらい、ふしみくん、ほぼ生後4週の時点です。







そんなこんなですけれども、黒猫のだいごくんにも残念なニュースが・・・。
だいごくん、600gを越えたのでウィルスチェックをしたところ、FIVもFeLもうっすらうっすら陽性反応が出てしまいました。
ワクチン接種前の子猫同士は感染のリスクが懸念されるため、ふしみくんと隔離することとなり、一匹ずつのケージに移して、リビングと娘の部屋とに分けました。一か月後に再検査の予定です。

時もおり、離乳食が始まったばかりなので、二匹のお世話には行ったり来たり、行ったり来たり・・・。
しかも、「かーさん、こっちに来て~」とばかりに、二匹順番こでピーピーピーピー鳴きます~。
それが一日三回なので、何だかもう一日中鳴いて呼ばれているような空耳もしてきたり・・・。
・・・・・・・・・・心が重くてぐったり、私、持久力ないんだよなぁ・・・・・・・・・・。




しかーーーーーーーし、そんな私に喝を入れるようなメールがここにひとつ!

> こんばんわ~(*´ω`pq゛
>
> やっと足の手術が終わり、チビッ子も順調な回復を見せていてホッと人安心なぞっちです(*´ω`pq゛
> 手術が無事に終わったので、ついついいつも通りにお祭りを見に行ってしまいました(* ̄m ̄)
> チビッ子の将来や今後の事は特になんも気にしていません(*´ω`pq゛
> たぶん、話がきたときにある程度の覚悟はしちゃったんだと思います!
> 両足のないチビちゃん。今後も見守っててくださいね~ヽ(´・∀・`)ノ

↑これは私がコメントを入れたブログ記事に返答として送られてきたメールです!(掲載許可も取らずに公開、笑)

そのブログ記事

「ついついいつも通りにお祭りを見に行ってしまいました(* ̄m ̄)」だとーーーーーっ!
「チビッ子の将来や今後の事は特になんも気にしていません(*´ω`pq゛」だとーーーーーっ!
「たぶん、話がきたときにある程度の覚悟はしちゃったんだと思います!」だとーーーーーっ!

んな、能天気な~っ!
私だったら、両足のないチビちゃん保護なんて確実にへこんでへこんで、うなだれて、明日を憂いてため息つくわっ!
ぞっちさん凄過ぎ、若干、気が変な人かと疑うレベルだわっ!

と、私は思いましたヨ~・・・。

しかーしだね、しばらくしてこれはすごーく見習うべき能天気だとワタクシ気が付いた次第・・・。

だって、人ってリスク管理だの何だの、ついついネガティブに身構えて、検討だの対策だのを考えてしまうけど、ま、それがいいことかと?
だいたいが良くないほうに引きずり込まれて、しまいにはネガティブ思考が暴走し自分では食い止められないくらいに膨れてしまって悲惨な結果に!
だったら、能天気なほうが何倍も、人には迷惑かけないし、自分も健康だし、いいんじゃないかと思うわけだ!

おおお、viva、ぞっちさん!
おおお、万歳、ぞっちさん!
私も頑張るよ!
ふしみは跳んだり跳ねだり、ひゃっほーーー、ってこに絶対なる!
だいごはケロリと陰転して、あはは気にし過ぎぃーーー、ってことに絶対なる!
私が言うと、すんごい瘦せ我慢っぽくて嘘くさいんだけどさ~、
そこはひとつ、目をつむっておくれ!





<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

最新トラックバック